ANA、成田空港で自動追従車いすの実証実験 2020年以降の実用化目指す

Traicy

2019/10/9 17:25

全日本空輸(ANA)は、自動追従電動車いすの実用化を想定した実証実験を、成田国際空港で10月9日から11月28日まで実施する。

自動追従電動車いすは、前を走る車いすに自動追従する電動車いすで、複数のセンサーで車いすの隊列の間を横切る人や障害物を検知することで、安全性を確保できる。エレベーターを使用する際や保安検査場などでは、自動追従を解除・再開できることから、乗り継ぎ時間が短い乗客の移動もスムーズに行うことができる。成田国際空港では、1日約300台の車いすが乗り継ぎに使用されているという。

実証実験では、実際に乗客が乗車し、乗り心地や便利さを体験してもらい、意見を集めるとともに、係員の操作性を検証する。2020年以降の本格運用開始を目指す。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ