なんか違う!ネットショッピングの失敗談4選

yummy!

2019/10/9 17:30


なんか違う!ネットショッピングの失敗談4選

皆さんは、ネットショッピングをしたことがありますか?
ネットでのお買い物は時間を選べずに楽しめるし、欲しいものはだいたい売っているし、早い場合は注文した翌日に商品が届くということもあって、とても便利ですよね。
今や利用したことがない人の方が少ないのではないでしょうか?
でも、実際に手に取って見ずに購入するネットショッピングでは、失敗してしまうこともありますよね。
今回は、女性たちに「ネットショッピングで失敗したこと」を聞いてみました。

ネットショッピングで男女が購入しているもの



マーケティング会社エルネットの調査(※1)によると、ネットショッピングで購入する商品に男女差が表われることが分かりました。
とくに男女差に開きがあった商品がこちら。
●「衣料品」男性27.2% 女性57.2%
●「日用品・生活雑貨」男性35.4% 女性55.8%
●「家電・AV機器」男性53.4% 女性35.2%
※宅ふぁいる便プレミアム会員の男女4,607名が対象
女性はより身近なものをネットショッピングする傾向にあるようです。身近なものだからこそ、商品が手に取れないネットでも安心ですが、失敗してしまうとショックが大きいもの。

ネットショッピングで失敗したこと その1:おいしくなかった



「パン好きのわたしは『幻の食パン』というキャッチコピーがついている通販の食パンに目をつけました。3斤だと送料無料になるということなので、大量買い。『幻の』とか『一度食べたらわかる味の違い』とかさんざんあおられていたから、まったく疑わなかった。届いたらごく普通の食パンだった。それどころか、スーパーで売っている食パンのほうがよっぽどおいしい。食べ物は疑うようにしようと思った」(27歳/出版社)

ネットショッピングで失敗したこと その2:オシャレじゃなかった



「とてもオシャレな洋服の通販サイトがありました。中世ヨーロッパ調で、乙女心をくすぐる感じの。そこで気に入ったアクセサリーと洋服を購入したのですが、届いてみるとなんだかイメージと違う。サイトのデザインの効果で、商品までオシャレに見えることってあるんですね。がっかりしたけど、デザインの力ってすごい、と思いました」(27歳/デザイナー)

ネットショッピングで失敗したこと その3:サイズ違い



「洋服はあまりネットで購入しないんだけど、そのときはすごくかわいい柄のスカートを見つけてしまって衝動買い。でも、届いてみたら日本サイズのMではなくて、USサイズのM。かなり大きくてはけなかった。リサイズしようにも、せっかく気に入ったイラストの柄が台無しになってしまう。悔しくて捨てられず、せめてもと思って巾着にリメイクしました。高かったのに」(33歳/飲食)

ネットショッピングで失敗したこと その4:ドレスがモロかぶり



「友人の結婚式に呼ばれ、きちんとしたドレスをもっていなかったのでネットで購入。当時お金もなかったし『安くて無難なやつ』を選びました。そしたら当日、会場でドレスがモロかぶりしてしまった。安かったわりに見栄えがよかったから、他の人が買っていてもおかしくないよな……しかも知らない人だったから、よけい気まずい」(28歳/派遣社員)

ネットショッピングはやはり「洋服」の失敗が多い!



とくに失敗が多かったのが、やはり「洋服」。
そのせいか「洋服だけはネットショッピングで買わない」という女性も多くいました。
でも、混み合ったバーゲン会場に行かずに、ネットショッピングでもバーゲンを利用できるサイトも増えています。これは魅力的。失敗エピソードを参考にして、同じ過ちを繰り返さないように注意してくださいね。
(yummy!編集部)


公開日:2012年7月12日
更新日:2019年10月9日



当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ