#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE

2019/10/9 17:00



40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。

失恋に落ち込んでいた矢先にとある飲み会に誘われ、そこで一人のバツイチ独身男性と出会うが……⁉ この物語は40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

Y嬢に誘われた飲み会で


知人のY嬢に誘われて参加した飲み会のメンバーは、アサミを除いて4人。独身男性は、ゲームさんというバツイチ男性だった。

Y嬢:イベント会社に勤務の35歳の女性で10年来の知人。既婚。コウハイちゃん:Y嬢の会社の後輩女性で、33歳。婚活に興味津々。センパイさん:Y嬢の会社の先輩男性で、40歳。既婚。ゲームさん:Y嬢の仕事の取引先であるゲーム会社のプロデューサーの男性48歳。バツイチ独身。

同世代、独身男性がいるとは!


夜遅くY嬢の家に5人で行った。お酒を飲み、ふろふき大根を食べ、婚活話に盛り上がり……。お店ではなく家だからなのか、それとも気が合うのか。初対面とは思えないほどアットホームな会になっていた。

「同世代はみんな結婚している」という思い込みがあるからか、勝手に既婚者だと思っていたゲームさん。会話をしているうちにバツイチだと判明して、ほんのちょっとだけ意識する。

よく考えたら同世代=既婚者って思い込むのがおかしいんだよね。3組に1組は離婚し、50歳時未婚率は男性で23.37%、女性で14.07%という時代。40~50代の独身は確実に増えているのだから。

ドキドキはしてないけれど


知人のY嬢は、「ゲームさん、どう思いますか?」とちょいちょい挟んでくる。くっつけたいと思ってるのかなぁ?

独身という点では意識したけれど、正直、会って小一時間ではなんともわからない。「素敵ですよね」と当たり障りのない返事をしていた。

しばらく話しているうちに、ゲームさんに対して感じたこと。それは好印象だ。

・Y嬢やコウハイちゃんとのフランクな話し方が好感が持てる

・淡々と手酌でお酒を飲んだりと、偉そうにしない感じもいい

・同世代だからか、共通の話題があるのは楽しい

・そもそも共通の知人(Y嬢)がいてる

ドキドキする……っていうことはないけれど、なんていうか安心感みたいな。恋愛ではトキメキとかよりも安心感が大切なのかなぁ、と思わなくもなかった。


重なりすぎる、いまの気持ち


その一方で、ふとした瞬間にジェントルさんを思い出してしまうことも事実だった。フラれてから約1カ月、まだ忘れられていない。引きずっていた。

そんなとき━━Y嬢の家でいつの間にかみんなで観ていたYou Tubeで流れてきた曲に、ドキッとした。Aimerというアーティストの『あなたに出会わなければ~夏雪冬花~』だった。


サビの歌詞は、まさにいまの私の気持ちだった。

あなたに出会わなければ こんなに切なくて

胸を締め付けることもなかった…それでも


彼に出会わなければ、こんなに苦しまなかった


ジェントルさんに出会わなければ……こんなに苦しい気持ちになんてならなかったんだろう。Aimerの曲を聴きながら、頭の中にはジェントルさんと過ごした日々が走馬灯のように駆け巡る。

あんなに優しかったのに。

あんなに大切にしてくれたのに。

あんなに甘い言葉をささやいてくれたのに。

幸せだったあの日々は、もう戻らない。

気づいたら目から涙があふれ、頬をつたっていた。

泣いていることに気づかれる


Y嬢「アサミさん、どうしたんですか?」

コウハイ「あ、涙……!」

その声にハッと我に返った。あ、ここは一人の部屋じゃなかった。Y嬢の家だ。

Y嬢「どうしたんですか? 大丈夫ですか?」

4人が一斉に私の顔をのぞいた。やだ、恥ずかしい。Y嬢以外、初対面なのに涙を見せてしまうなんて。だけど、自分の失恋とこの曲がオーバーラップしたなんて言えない。

アサミ「あ、なんか感動しちゃって。年を取ると涙もろくなるんだよね。ちょっとしたことですぐウルウルしちゃう」

余計な気をつかわせないように笑ってごまかした。

まぁ、実際にそうだけれど。この5年くらいで涙もろさが加速度的に増していて、少し前だけれどアナウンサーが伝える報道ニュースで泣いたくらいだ(苦笑)。


涙もろくなったのも事実


編集長アサミの婚活スタートから、2年弱までをまとめた「40代ご無沙汰女子のざんねんな婚活」。好評発売中です。

→書籍『ざんねんな婚活』について詳しくはコチラ( https://www.amazon.co.jp/dp/4093886601 )

Y嬢「それならよかった。感動するくらいいい声ですよね」

ゲーム「大丈夫? ティッシュあるよ」

スッとティッシュボックスを差し出してくれた。

アサミ「あ、ありがとうございます」

ゲーム「まぁ、オレん家のじゃないけど(笑)」

やさしい。それにちょっと笑いを誘うようにしてくれたりする。さりげない気遣いをしてくれる人……なのかな、ゲームさん。そういうところがY嬢やコウハイちゃんのような年下女性から慕われている理由のひとつなのかもしれない。

深夜になって飲み会はお開き


3時間くらいY嬢の家でゆっくりと飲んで、その場はお開きとなった。

もうとっくに終電の時刻は過ぎている。4人とも家の方向はバラバラだったので、それぞれタクシーをつかまえて帰宅することにした。

Y嬢「アサミさん、急なお呼び出しだったのに来てくださってありがとうございました」

アサミ「いえいえ、こちらこそ声かけてもらえてうれしかったし、楽しかった」

Y嬢「またご連絡してもいいですか?」

アサミ「ん? うん。もちろん!」

なにげに長いつきあいになるんだから、そんな確認を取らなくてもじゃんじゃん連絡くれていいのに……。ま、いっか。

タクシーの中で思い出す


深夜1時過ぎ、タクシーに乗りながらさっき流れた『あなたに出会わなければ』の歌詞を反芻していた。

あなたに出会わなければ……。

ジェントルさんに出会わなければ……。

あーぁ、だから恋愛ってイヤなんだ。

フラれたあとの心の不安定さが嫌い。失恋したくらいで浮き沈みしている自分が嫌い。普段はできるだけ平常心でいるように心がけているけれど、ふとした瞬間に泣いたりしている自分がイヤだ。

できるだけ心は安定させていたい。仕事でも対人関係でもメンタルの浮き沈みはそれほどしないし、年齢を重ねるごとにコントロールはそれなりにできるようになっていった。でも、失恋のあとだけは上手くいかない。

こんな気持ちになるんだったら、ジェントルさんに出会わなければ、恋愛なんてしなければよかったな。そうか、私は恋愛しないほうが失恋もしないし、ラクなんだ。

……って考えたら、婚活するのってどうなんだろう。


傷つくなら恋愛したくない


婚活は、もう終わりにしたほうがいいのかな。恋愛している間はとっても楽しかったけれど、そのぶんだけいまがつらい。心がラクになりたいな……。

そんなことを考えながら、家に着いてスマホを見た。

メッセージが届いていた。Y嬢からだ。

Y嬢「今夜は本当にどうもありがとうございました! 遅い時間まで……。しかも我が家で(涙)」

いえいえ、こちらこそありがとうございました。

Y嬢「アサミさんにお会いできてすごくうれしかったです。酔っぱらった勢いでお誘いしたことをお許しください」

そんな全然! むしろそのテンションがうれしかったし!

予期せぬメッセージが!


彼女からのメッセージは続く。

Y嬢「あの、それで私が社外で一番お慕いしているのがゲームさんなんですけど」

ほうほう、仕事熱心なY嬢がお慕いしているなんて。それはそれは。

Y嬢「実はゲームさんが、アサミさんに一目惚れしたかもでして。お食事のお誘いをしたいと言っていまして」

え、え、えーーーー⁉ 一目惚れ⁉ え、え、え、どういうこと⁉

予期せぬY嬢からのメッセージに、ただただ動揺するアサミだった……。

【バツイチ独身のゲームさんが一目惚れしたかもって⁉ 10月16日(水)17時をお楽しみに!】

【前回はコチラ】

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】( https://otonasalone.jp/136145/ )

40代編集長の婚活記まとめ( https://otonasalone.jp/tags/series-around40konkatsu/ )

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ