「プラスチックごみの削減できるかな?」「キット、できる」と、ノッポさんも賛同!「キットカット」新TVCM

IGNITE

2019/10/9 16:30


「でっきるっかな、でっきるっかな、はてはてフム~…」という音楽ではじまる、NHKの子ども番組『できるかな』(1970年~90年)。テーマソングを聴くだけで小さかった頃の自分にタイムトリップする人も多いはず…。
そんな大人気だった幼児向け工作番組に出演していたノッポさん(高見 のっぽさん)とゴン太くんが「キットカット」のテレビ新CMに登場した。



■「キットカット」の紙パッケージで身近な家族や友人に、応援や感謝の想いを伝える
CMは、「キットカット」の外袋を紙パッケージに変更することに伴い、身近な物を使って工作の楽しさを伝えてきたノッポさんが「折り鶴」をつくってメッセージを書き、大切な人に気持ちを伝えるシーンが描かれている。

<TVCMストーリーボード>

そして、出演したノッポさん(高見 のっぽさん)はCM出演への想いを次のように語っている。

「キットカット」の外袋をプラスチックから紙へ変更することは、小さな人たちの未来により良い世界を残すことにつながるのではないでしょうか。今回「キットカット」ブランドが率先してアクションを起こし、社会的責任を果たしたいという意思に共感し、CM出演させていただくことになりました。昔から小さな人たちに楽しく工作することを伝えてきましたので、「紙パッケージで折り紙が楽しめる」というストーリーに適していると思われたのでしょうね。現場でも楽しく鶴を折ることができました。
私たち個人ができることは小さな一歩ですが、こういった活動を通じてみんなが環境問題を考えるきっかけとなり、小さな人たちの未来が、少しでも良いものになれば嬉しいです。



昨今、世界的な問題となっているプラスチックによるごみ問題。
「プラスチックごみの削減できるかな?」 「キット、できる」とノッポさん。
ノッポさんがいう“小さい人たち”である子どもたちの未来を守る環境保全についてこの機会に考えてみたい。

■「キットカット」 新TVCM 概要
◇タイトル:「紙パッケージで、できるかな」篇
◇出演:ノッポさん(高見のっぽさん)、ゴン太くん

◇公開URL:15秒バージョン https://youtu.be/9RW9tzCy1xs

■高見 のっぽ / ノッポさん
1934年5月10日 京都府太秦生まれ。
1967年から20年以上に渡り放送された「なにしてあそぼう」~「できるかな」では一言もしゃべらずに鮮やかに工作を生み出す”ノッポさん”として出演。同時に、作家”高見映”としても多数の児童書・絵本・エッセイなどを発表するほか、テレビ、舞台の脚本・演出・振付も手がける。現在、俳優・作家・歌手として幅広く活躍中。
公式HP:http://www.nopposan.jp

■「できるかな」
NHK教育テレビで1970年から1990年まで放送されていた幼稚園・保育園向けの造形教育番組。主人公のノッポさんが、身近な素材を使って色々なもの(服、海、お化け、ロボット、乗り物、動物、家など)を作って、相棒のゴン太くんを驚かせたり、ゴン太くんと一緒に遊んだりする内容でテレビの前の子供たちから絶大な人気を得た。

(Y.FUKADA)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ