松井玲奈、朝ドラ『エール』で二階堂ふみの姉役「今から楽しみ」


女優の松井玲奈が、俳優・窪田正孝主演の2020年度前期NHK連続テレビ小説『エール』に出演することが9日、明らかになった。

朝ドラ102作目となる『エール』は、全国高等学校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの歌「六甲おろし」など、スポーツシーンを彩る応援歌の数々を手掛けた福島県出身の作曲家・小関祐而氏とその妻・金子氏をモデルに、音楽とともに生きた夫婦を描く物語。主人公・古山裕一を窪田、妻となる関内音を二階堂ふみが演じる。

松井が演じるのは、二階堂演じる音の姉・関内吟。おしゃれ好きで、すてきな男性と出会って幸せな家庭を作りたいと願っているという役どころだ。松井は「思わずクスリと笑ってしまう三姉妹の掛け合いがあります。それぞれに個性があり、関内吟として『エール』の世界でお芝居ができることが今から楽しみです。自分が生まれ育った愛知県豊橋市が舞台のひとつになっている事も、とても嬉しく思います。地元の皆様にも日本中の皆様にも、たくさん喜んでいただける作品になるように努めます」とコメントしている。

そのほか、音の母・関内光子役に薬師丸ひろ子、音の父・関内安隆役に光石研、音の妹・関内梅役に森七菜、音の歌の先生・御手洗潔役に古川雄大が決定。さらに、2週ゲストとして打越金助役の平田満の出演も発表された。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ