『アリス・ギア・アイギス』小鳥遊怜が立体化、アクションシーンを再現


スマートフォンゲームアプリ『アリス・ギア・アイギス』より「小鳥遊怜」がマックスファクトリーのアクションフィギュアシリーズ「figma」で立体化され、2020年6月に発売される。価格は10,000円(税抜)。

「figma 小鳥遊怜」は、figmaオリジナル関節パーツで、さまざまなシーンを再現。表情は「微笑み顔」や戦闘時の「叫び顔」、「照れ顔」の3種。小鳥遊怜専用トップスギア「ヴェズルフェルニル/T」、ボトムスギア「ヴェズルフェルニル/B」、アクセサリー「ブルーバード」が付属し、パーツを差し替えることで平常時と戦闘時の両方を再現可能となっている。

また、専用バズーカ「グシスナウタル」、両手剣「リディル」、SP武器、SPブースターと多彩な専用武器が付属し、ゲーム中のアクションシーンを再現できる。さらに、コトブキヤから発売中の「メガミデバイス 吾妻 楓」との一部ギア交換が可能となっている。

(C)2017-2019 Pyramid,Inc. / COLOPL,Inc.

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ