季節感◎《秋向け小花柄ネイル》を楽しむコツ

Itnail

2019/10/9 13:00

小花柄と聞くと、どうしても春っぽい印象を持ってしまいますよね。しかし、ちょっとした工夫で、秋の季節にマッチした小花柄ネイルにアレンジすることができるのです。ベースのカラーを秋っぽいものに変えたり、配色に気を付けたりするのがポイントですよ♡

■ グレーをベースにして落ち着いた印象に♡

Dolce.Nail (埼玉)



via itnail.jp

小花柄のベースをピンクや水色にしてしまうと、どうしても春っぽい印象になってしまいます。ベースを秋らしいものにすれば、季節感のある小花柄になりますよ。

例えば、グレーはいかがでしょう?グレーベースにホワイト×イエローのかわいらしい小花柄を描けば、とてもキュート!ほかの爪はピンクのワンカラーにすると、小花柄の愛らしさがより引き立ちます。

大人向けにアレンジするときは、グレーのグラデーションをベースにするのがおすすめです。さらにブラックで小花柄を描けば、スタイリッシュな印象になります。パンツスーツにも合う大人ネイルになりますよ。ラメを散りばめれば華やかさも出るでしょう。

 Casa-tua (福岡)

Casa-tua (福岡)



via itnail.jp

■ 秋らしい配色がポイントになる♡

 Tyttö mode nail

Tyttö mode nail



via itnail.jp

秋らしくするなら、パステルカラーやネオンカラーといった明るい色ではなく、くすみのある色や深みのある色を使うのがおすすめです。

イエローをベースにした小花柄も、ブラウンやくすみピンクを使って描けば秋仕様になります。アート以外の爪は、グレージュを取り入れれば落ち着いた雰囲気になりますよ。北欧柄っぽい幾何学模様を描くとおしゃれです。

レッドやネイビーといった深みのある色をベースにした小花柄も秋らしいですよ。ちょっとレトロな小花柄が、逆に新鮮な印象になります。ほかの爪はベルベットアレンジを取り入れて、あたたかみを出しましょう。

 Life Nail

Life Nail



via itnail.jp

■ ブラウンベースで大人っぽくきめよう

 Tyttö mode nail

Tyttö mode nail



via itnail.jp

ブラウンカラーをベースにすると、一気に秋らしさが高まります。ブラウンのワンカラーの上にホワイトで小花柄を描くと、大人っぽさと可憐さが融合したデザインになりますよ。定番の形の花だけでなく、スズランモチーフの花柄を加えて、デザインに変化を出しましょう。

ほかの爪は、ブラックのニュアンスネイルとゴールドネイルでクールにきめてみて。小花柄以外の爪を辛口に仕上げることで、洗練された大人デザインに仕上がっています。

小花柄を秋仕様にしたいときは、ベースのカラーを工夫して、秋らしい配色のネイルを試してみてくださいね。

Itnail編集部

当記事はItnailの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ