1年経つのが早いと感じる年代は? 女性の方が加速感覚アリ

OVO

2019/10/9 12:45



日本リサーチセンター(東京)は、同社が行う自主調査「今を読む ~“時代感覚”アップデート」のる第2回「年齢を重ねるにしたがって、どうなる?」の結果を発表した。それによると、「1年の経つのが早く感じる」との問いに「当てはまる」が47.7%、「やや当てはまる」が27.0%となるなど、合計で4人のうち3人に時間の加速感覚があることが分かった。

調査対象は、全国に現居住する18~79歳の一般男女個人1200人。性別(2区分)×年代区分(6区分:18~29歳/30 代/40代/50代/60代/70代)で集計した。

性別と年代別で見ると、男性に比べて女性の方が、加速感覚がある人が多い傾向にあるようだ。また。年代別では、男女ともに、若い年代に比べて中高年代の方が肯定感が強くなっており、特に30代を境にして、その下(18~29歳)と、上(40代以上)の世代間に大きなギャップが見られた。

特に女性40代以上では、いずれの年代も加速感覚がある人が85%前後を占め、「加速に向けたアクセル」は特に40代あたりで強く踏み込まれる傾向があるようだ。1年経過するのが早いと感じるのはトシを取った証拠!?

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ