【全国紅葉の絶景】いちょうの黄色が似合う街、東京都の紅葉人気スポット

TABIZINE

2019/10/9 12:30

いよいよ、待ちに待った紅葉の季節が始まります。夏のエネルギーを蓄えたように、赤や黄色に染まる樹々は、私たちを圧倒しますね。全国各地には、美しい紅葉の絶景があります。そこで、TABIZINEでは「全国紅葉の絶景」を連載でお届けします。今回は、東京都の人気紅葉スポットです。

東京大学 安田講堂

ドラマのシーンのように 神宮外苑いちょう並木<港区北青山>

(C)Tupungato / Shutterstock.com

東京都の紅葉といえば、東京在住のほとんどの人が思い浮かべる「神宮外苑いちょう並木」。映画やドラマのシーンに使われるように、黄色の絨毯を踏みしめていちょう並木をそぞろ歩くのはロマンティック。東京には、黄色がよく似合うと実感するでしょう。

神宮外苑いちょう並木

【紅葉時期】例年11月中旬~12月上旬
【住所】〒107-0061 東京都港区北青山1丁目1 都道414号線
【紅葉祭り】神宮外苑いちょう祭り 2019年11月15日(金)~12月1日(日) 17日間
【入場料】無料
【公式サイト】明治神宮外苑 http://www.meijijingugaien.jp

都会のミニオアシス 六義園<文京区本駒込>

(C)Takashi Images / Shutterstock.com

都内のミニオアシス「六義園」。春の枝垂れ桜時期も美しいですが、紅葉時期も素敵です。程よい広さの大名庭園を巡っていると、心が不思議と落ち着いてきます。11月20日(水)~12月12日(木)の間、ライトアップが行われるので、仕事帰りに寄りたいですね。

六義園(りくぎえん)

【紅葉時期】例年11月下旬~12月上旬
【住所】〒113-0021 東京都文京区本駒込6丁目16−3
【紅葉祭り】ライトアップ 11月20日(水)~12月12日(木)
9時~21時(最終入園は20時30分)
【入場料】大人300円
【公式サイト】六義園|公園へ行こう!
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

紅葉の穴場 杉並区立大田黒公園

(C)Shutterstock.com

音楽評論家の大田黒元雄氏の遺志により杉並区に寄付され、杉並区が日本庭園を整備して、昭和56年10月1日に開園。大田黒氏の仕事場であった洋館は記念館として公開しており、有形文化財に登録。緩やかに水が流れる日本庭園での散策が楽しめます。秋には、樹齢100年を超えるイチョウ並木や60本以上のモミジが色づき、例年11月下旬にはライトアップが行われます。

杉並区立大田黒(おおたぐろ)公園

【紅葉時期】例年11月下旬~12月上旬
【住所】〒167-0051 東京都杉並区荻窪3丁目33−12
【紅葉祭り】ライトアップ 11月22日(金)~12月1日(日) 午前9時から午後8時
【入場料】無料
【公式サイト】杉並区立大田黒公園 http://www.hakone-ueki.com/sub/

いちょうの黄色が似合う街、東京都の紅葉の絶景。ぜひ、紅葉見物に訪れたいものです。

注意:記事掲載の情報は、2019年9月27日現在のものになりますので、実際の紅葉の状況やイベントなど詳細につきましては、各観光協会や施設に直接お問い合わせください。

当記事はTABIZINEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ