Final Cut Pro Xがアプデで新Metalエンジン採用。Sidecarもいけるよ!

Final-Cut-Pro-10.4.7
Image: Apple

パフォーマンスを試してみたい

macOS Catalinaのリリースと同時に、Apple純正ソフトウェアがあれこれアプデされています。たとえばFinal Cut Pro Xもアップデートされ、パフォーマンスの向上やSidecarへの対応が実現していますよ!

最新バージョンとなるFinal Cut Pro X 10.4.7では、新Metalエンジンを採用することでレンダリングなどあらゆる作業スピードが向上。iMac Proの場合は最大35%も高速化されているそうです。さらにマルチGPUや28コアのCPUに対応するなど、発売迫る新型Mac Proでも最適なパフォーマンスを発揮できます。

もちろん、超プロ向けな6KディスプレイことPro Display XDRにも対応。最大3台のディスプレイをサポートし、ゴージャスにPro Display XDRを3台ならべて6K動画の編集を楽しめます。

そして忘れてはいけません、iPadをセカンドディスプレイにするSidecarをサポートすることで、ソフトのビューアやブラウザをiPad側に逃して、広々とした画面で作業ができるのです。

Final Cut Pro X 10.4.7はMac App Storeからダウンロードができます。Macで動画編集をしている方には、要チェックなアップデートですね!

Source: 9to5Mac

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ