『テラハ』新入居者が“風呂場の惨状”に愕然 「汚すぎ」「よく住めるわ…」

しらべぇ

2019/10/9 12:30

(Vitali Laurentsik/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
人気恋愛リアリティ番組『テラスハウス』の新シーズン 『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』 (Netflix・フジテレビ)の最新話が8日に公開。激しく汚れた風呂場に、ネット上では衝撃の声があがっている。

■意識高い話はしても掃除は…


この日、新メンバーの田渡凌が入居。彼はB.LEAGUEの横浜ビー・コルセアーズに所属するプロバスケットボール選手で、アメリカの大学に留学していたために英語もペラペラという男子だ。

留学経験ゆえかコミュニケーションも上手なようで、すぐ他メンバーに馴染む。そして馴染んだ結果、風呂場の惨状について言及することに。これまでお互いの仕事や流佳の将来に対して、意識高い議論を交わしてきた彼らだが……



関連記事:トイレ掃除・アイロンがけよりも「苦手と思われている家事」が判明 意外な男女差も明らかに

■オシャレさが台無しな汚さ


男子風呂に入った凌。すると、床には濡れたままのタオルやビニール袋、虫取り網が散乱。浴槽内には水着らしきものが浮かんでいて、衛生環境にかなり不安の残る状態だった。

風呂から出た凌は「いや快適だったお風呂」「めっちゃキレイだった」とアメリカンジョーク風のジャブを入れると、「一個聞いていい? あのタオルはなんなの?」と切り込み。他メンバーが反応に困ると、「ちょっと1回さ、掃除しない?」と提案した。

■「汚すぎる」「住めない」


この光景に、ネット上では「テラハ風呂きったねえ」「風呂場の衝撃がすごすぎてなにもかも吹っ飛んだ  あんな場所には住めない」「風呂の床に濡れたタオル放置でもう無理だったのに、浴槽に海パン浮かんでてマジでなに? 事件起きた? ってなった」とドン引きする視聴者が続出。

入居者が変化していくテラハでは、定期的に「メンバーの中に綺麗好きな人がいない時期」が訪れる。かつて、近藤あやが入居したときも洗面台や風呂場の汚れが気になり、他メンバーに指摘するシーンがあったが、今回もオシャレな共同生活の裏側が垣間見えた瞬間だった。

■風呂掃除は「苦手な家事ランキング」4位


しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,342名を対象に調査した結果、男性の55.7%、女性ではじつに65.5%に「苦手な家事」があることが判明。風呂掃除は全体の4位に該当し、男性の13.6%、女性の20.4%が苦手にしていることがわかった。



次週、テラハ名物の大掃除は見られるのか。今から楽しみだ。

・合わせて読みたい→窪田正孝の入浴方法が衝撃的すぎる 「殺人犯じゃないんだから」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ