結婚できる=“適合者”?【東京・ファッションバイヤー】今を生きる女性たちの挑戦 <ケイティ・クーリック x SK-II> 結婚をめぐる“タイムライン”とは?


SK-II は「運命を、変えよう。~changedestiny~」というブランドテーマのもと最新のキャンペーンでは、ジャーナリストのケイティ・クーリック(※)と共に「人生のタイムラインを描くのは自分自身であること、そして社会や身近な人達からの期待に沿って生きるのではなく、自らの意思で運命は変えられる」ということを世界中の女性の皆さんへのメッセージとして伝えています。(※米タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選出)

新たに公開するドキュメンタリーシリーズ“タイムライン”において、4人の女性たちは「社会や身近な人々からの期待(プレッシャー)」を明らかにし、「自分らしい人生」の選択肢を見つめつつも、彼女たちのタイムラインの中で常に存在する結婚というプレッシャーについてそれぞれの想いを語り始めます。

【東京】ケイティ・クーリックは、ファッションバイヤーとして活躍する舞菜さんと彼女の母、そして祖母と出会い、母や祖母が語る「結婚ができる=適合者」という古くからある既成概念が何を意味するのかを理解しあおうとします。

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ