ワークマン、この秋冬のマストバイ3選。高級ブランド風スニーカーは実用性も◎

日刊SPA!

2019/10/9 08:54

―[メンズファッションバイヤーMB]―

メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第248回目をよろしくお願いします。

巷で話題のワークマン、秋冬品はどんなものが出ているのかパトロールに行ってきました! カジュアル衣料の領域に踏み込んできた「ポスト・ユニクロ」を狙うワークマン。今回は秋冬品の中で「特にコレだ!」と思えるアイテムを3つ紹介します。意外と侮れないですよ……ワークマン。

◆▼商品写真は激ダサ……でも実物はめちゃくちゃ高級感あり!

・AERO STRETCH(エアロストレッチ)ベスト 1900円

ありえないくらい高級感ある雰囲気なのに、通販サイトのページがありえないくらい安っぽく見える、このギャップはもったいない(笑)。店頭で見て即購入を決意。1900円には絶対に見えません。画像では安っぽいナイロン素材のように見えますが、実物はほんのり表面を起毛させているカシミアタッチ。シルエットも細身できれい、ワークウェアらしい無駄なデザインもなく、高級ブランドさながらの出来です。

特におすすめは黒やグレーなどの大人っぽいカラーリング。赤や迷彩柄などは「釣り人」感漂いますが、黒などのモノトーンはスタイリッシュでジャケットなどに合わせてもサマになります。

ジャケットやニットの上に重ねるのがおすすめ。ダウンベストは重ねる服と色の差があるほど「釣り人」感が出てしまうので、同色で重ねるのがおすすめです。1900円ですが、防寒性もしっかりとしているため秋から冬にかけて使えます。また、収納力も高いのでバッグいらずで手ぶらで歩けるのもポイントが高い。

◆▼これ2900円でどうやって作るの? ワークマン、頭おかしいの!?

・DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー 2900円

ダウンライクなよくあるマウンテンパーカー。アウトドアブランドやカジュアルブランドで買えば、この手のアウターは安くても2万、3万円はする。「ワークマンだから安いし……まあ1万円くらいかな?」と思ったら、なんと値札をひっくり返すと2900円。……ちょっと頭おかしいんじゃない?(笑)

ワークマンですから、機能面はバッチリ。2900円とは思えないほど高性能です。防寒性が高いのはもはや当たり前、雪国でも過ごせる重厚な中綿。表面は耐久撥水素材でさらに汚れが落ちやすい。また、撥水機能の多くはコーティングなので徐々に経年んで落ちていくものですがこちらは50回洗濯しても持続する三菱商事の「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)」という高性能素材。

しかも、デザインもスマートなシルエットで街着としても十分おしゃれ。通常、アウトドアウェアは遭難を防ぐためにも色の切り替えが派手なものが多いですが、こちらは同色切り替えで1色しか使っていないため大人っぽい印象。

これで2900円っていったいどうやって作ってんの……?

◆▼言い逃れできないアイテム……だけど作りは超絶丁寧!

・ネオイズムソックスシューズ サノシュー 1500円

言い逃れができないアイテム、これはもう「バレン●アガ」じゃないか……。六本木で石を投げると当たるほど人気だった高級シューズ「バレン●アガ」のスニーカーに瓜二つ。しかし、よくある粗悪コピー品ではなく素材まで丁寧に作っているのがポイント。ニット素材のアッパーは伸縮性が強く足に美しくフィットしてくれる。スニーカーとは思えない細身シルエットで細身のスラックスなどにもよく合います。

防滑性の高いソールは軽量で歩きやすい。見た目の美しさだけじゃなくスニーカーとしての運動性も十分確保しており、言うことなし。1万5000円かと思ったらなんと1500円。これ、完売する前に急いで買ったほうがいいですよ!

以上、ワークマン秋冬のおすすめでした。このブランド、ほんと侮れませんよ……。

―[メンズファッションバイヤーMB]―

【MB】

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。年間の被服費は1000万円超! ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中。Youtubeチャンネルも開始

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ