的場浩司、神戸の教師イジメ事件にブログで触れる 「最悪だよね…」

しらべぇ

2019/10/9 08:00

(画像は的場浩司公式ブログのスクリーンショット)
俳優の的場浩司が2019年10月7日、自身のブログを更新。神戸市立東須磨小学校で起きた「教師による教師へのイジメ」事件について言及した。

1,900文字を超える長文で事件について綴った的場。彼は一体、なにを思ったとのだろうか。

■「情けない」事件だからこそ、熱く


「教師による教師へのイジメ」事件は教師4人が同僚の教師4人をいじめていた問題。羽交い締めにして激辛カレーを無理やり食べさせられるなどの行為が繰り返されていたという。

あまりに次元が低すぎる内容と教師の立場でイジメを行っていた事実は世間に大きな衝撃を与えた。これについて黙っていなかったのが的場だ。「イジメ」とのタイトルでブログを投稿し、問題について触れた。

冒頭こそいじめと関係のない話だったが、「このニュースの報道内容が事実であれば… 最悪だ… 」と始めた。あまりに下劣な事件の内容に触れつつ、「アンタら教師の前に大人だろって…」とコメント。


関連記事:黒板に生徒を名指しで「みんなでイジメよう」と書いた教師に怒りの声 処分の軽さにも批判

■子供たちの信頼も…


また、どの職業にも悪い人はいるとしつつ、「何が最悪かって… もちろん、いじめられた精神・身体共に追い詰められた教師が一番可哀想」「夢と希望に溢れて教師になっただろうに…」と被害に遭った教師に対する同情も。

イジメに対してNOを示していた教師がいじめていたのでは、子供たちからの信頼もなくなってしまうのではないかとの不安も吐露した。教師の本気の思いが伝わらない――これが的場にとって心配だという。

■昔と今では違う


的場は「多かれ少なかれ『イジメ』ってあると思うんだよね」としつつ、少しずつ成長するにつれて相手の心が育つと指摘。しかし、今回のような事件が起こってしまうと、

「その成長過程にある子供達が…自分の通う学校の先生を信用できなくなったら… 最悪だよね… 子供達にはどうか反面教師にしてもらいたい…」


と事件に巻き込まれてしまった子供たちにエールを送った。人間である以上、教師はすべて清く正しくとは言えないが、この職業に就いた以上はこうあってほしいとの願いも綴っている。

「自分の教える子供達に、見られて恥ずかしいと思う行為は慎んでもらいたい… 」


「じゃなけりゃ『先生』って呼ばれる立場・職種を選ばない方がいい… 何故、教師の道を選んだのか… もう1回、初心に戻って考え直してほしい… 」


その後、全国の教師にエールを送った。そして最後は自身の恩師とのエピソードを交えながら、加害教師に対して謝罪を促した。「その姿を見せるのも子供達の為です…」――彼のほうが加害教師よりよほど教師らしいのではないだろうか。

■職場イジメの経験は?


しらべぇ編集部が全国20~60代の会社員899名に「子供の名前」について調査したところ、全体の25.8%が「職場イジメを受けたことがある」と回答している。



今回も教師という言葉が目立ってしまうが、立派な職場イジメ。この結果を見る限り、まだまだ多くの問題が潜んでいるのは容易に想像がつく。

・合わせて読みたい→28歳既婚の美人女教師 13歳男子生徒とのあらぬ関係で懲役20年の実刑判決

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20~60代の子供が欲しい男女326名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ