大学生で彼氏ができない女子の5つの特徴!不安や焦りを消すための行動

ハウコレ

2019/10/9 07:00



たくさんのやりたいことを我慢し、必死に通りぬけた大学受験。頑張ってきたからこそ、合格通知への喜びは計り知れないものになりますよね。そして、合格を手にするまで心の中にしまい込んできた夢のキャンパスライフ!

勉強は二の次として、最も憧れを抱くのが「恋愛」でしょう。

充実した大学生活に恋愛は欠かせないものと認識している人が多く、新しい門出と出会いに胸を膨らませているはず。それにも関わらず彼氏ができない現実に直面したら、どうしていいかわからなくなってしまう人もいるはず。周りの友達がどんどん彼氏を作って、学業も恋愛も充実していく姿をみると、ひとり取り残されたような気分になって大きな焦りに襲われてしまうこともあります。

実は、出会いも自由もたくさんあるはずの大学生になったのに彼氏ができない女子には、共通する5つの特徴があったのです。「このまま彼氏ができないのではないだろうか…」という不安と焦りを解消するために、ぜひ参考にしてみてくださいね。ちょっとした意識改革で、彼氏持ちに昇格できる可能性が十分に期待できます!

■大学生になったのに彼氏ができない!


漫画やドラマでは、大学生になると当たり前のように恋愛が始まるストーリーがよく見られます。その影響と自分の妄想・理想が相まったせいか「大学生になれば恋愛できる」と、無意識のうちに思い込んでしまう人もいますね。

実際に大学生になってから出会いがあって、恋愛を楽しんでいる人もたくさんいます。その一方、大学生になったのに恋愛とは無縁の生活を送る人も大勢いるのです...…。

■まわりに彼氏ができると焦る
同じように彼氏ができない人が多い集まりにいれば、それが普通として認識され、焦りや不安、負い目などを感じることなく『彼氏欲しいね』くらいの話題で抑えることができます。

ただ、まわりに彼氏ができることで「普通」の基準に変化が生まれ、彼氏がいないことで「普通になれていない」と錯覚した状況に、焦りを感じやすくなるのでしょう。自分の価値観をしっかり持っていなければ、周りに振り回される感情に疲れてしまうケースです。

■恋愛に対して不安がある
彼氏が欲しいと思う気持ちや、周りに彼氏ができることで焦る気持ちがあっても…恋愛そのものに対しての不安がある場合、彼氏はできないでしょう。恋愛慣れしていないのであれば、少しずつ失敗をしながらも経験を重ねることでその問題は解決します。過去の恋愛にトラウマがあるのであれば、トラウマの克服を試みたり、要因を回避できる相手を探すことで問題を解消することもできるはず。

自分の恋愛意識への向き合いが必要になってくるケースですね。

■大学で彼氏ができない女子の5つ特徴!


では、本題の「大学生で彼氏ができない女子」の特徴について詳しく解説していきます。少し耳が痛くなるような内容もありますが、そこで目を背けては未来を変えることはできません!

まずは素直に現状を受け止め、自分に最も必要な「自分改革」をする気持ちを持ちましょう。現状を変えるためには、「今のまま」ではいけません。意識を高く持って彼氏ができない要素を特定し、自分自身で未来を変えていく姿勢が求められます。

努力の結果に、彼氏とのリア充ライフが待っています!

■彼氏ができないのは出会いをつくらないから
出会い作りをしない人も彼氏ができるチャンスを遠ざけています。彼氏が欲しいのに変わらない日常生活を送っている場合は、「自分から出会い探しをしなければチャンスはやってこない」という認識が欠けているのです。なにもしないで彼氏ができない不満を抱えている人は…...まず、出会いの場を求めるべきなのです。

■彼氏ができないのは自分磨きをしていないから
男性が自分に振り向かないのは…男性の見る目がないと思い込んでいる自己中タイプ。自分磨きをすることもなく、自分を見てくれる男性だけを探す「ものぐさタイプ」ですね。

どんなに外見が良くても、自分磨きが足りないことで彼氏ができないケースもあります。また、内面磨きが欠けているせいで彼氏ができない人もいます。ちょっと努力をするだけで彼氏ができる場合もあるので、もったいない人たちです......。

■彼氏ができないのは恋愛に奥手でまじめすぎるから
恋愛に対する考え方が真面目過ぎる人も、彼氏ができにくい人です。この手のタイプは、付き合ったら結婚まで考えてしまうような人も少なくないでしょう。そのため、気軽に付き合うこともできず奥手になりがち。恋愛経験が少ない人に多い特徴ですね。

■彼氏ができないのは理想が高すぎるから
高い身長、高い顔面偏差値、優しい性格、お金持ち…...など理想を上げればキリがありません。そんな理想を妥協することができない女性も彼氏ができにくいでしょう。最初から相手をよく知る前に「恋人候補」から外してしまう見方をするからです。どこか妥協できる理想への余裕さえできれば、簡単に彼氏ができる人が多いのも特徴になります。

■彼氏ができないのは十分満たされているから
勉強、趣味、アルバイト、友達関係など、自分の興味があることで、毎日なにかしら充実している人は彼氏ができにくいですね。彼氏がいない寂しさを感じることもないくらいの充実があるからでしょう。彼氏がほしいと思っても、「いないことでの不自由さ」を感じることが少なく、「彼氏作りへの気持ち」が思っている以上に低い状態になっているでしょう。

■大学生で彼氏ができない理由ランキングトップ3


大学生で彼氏ができない理由のトップ3は以下の3つです。

・出会いへの積極性がない・自信がなくネガティブ思考・男性への壁が強すぎる

この3つを突破しない限り、男性が異性として見てくれる可能性が低く、自分の特別な存在という彼女のポジションを与えてくれることはないでしょう。少しタイプだと思われていたとしても、自らその先のチャンスを壊している状態になるからです。

彼氏ができない理由は、たいていの場合「自分」にあるもの。まわりの男性の見る目がないとか、自分に釣り合う男性はいないとかは、彼氏ができない女性たちの「なにもしない自分たちを守るため」の言い訳に過ぎません。

彼氏のいない女性ほど同じ状況の仲間と集いたがるのは、言い訳を認め合うことで慰め合いたいからでしょう。これが恋愛負け組の姿です。

心の片隅にでも「恋人との幸せな時間」に憧れる気持ちがあるのであれば、心機一転、自分のマイナス要素を真っ向から受け止めて、状況を変えていくしか道はありません。そのために必要なスタートラインは、「自分に彼氏ができない理由」を特定することなのです。

理由がわからなければ改善しようがありませんからね。これから大学生で彼氏ができない上位3つの理由をご紹介していきます。自分に当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

■サークルにもバイトにも属してない
大学と家を往復するだけの生活をしている人です。これでは出会いのチャンスは本当に限られてしまい、彼氏をゲットする成功確率をガクンと下げている状態。大学生になってからの出会いは「学校」だけではありません。サークルやアルバイトといった集まりに参加をすることでが大切です。

■「自分なんて!」な卑屈女子
自分に自信がないことで卑屈になってしまう人は少なくないでしょう。しかし「どうせ私なんて…...」と卑屈な言動がみられる女性に魅力はありません。

せっかくやってきたチャンスがあったとしても、自分で流している状態になります。自分を信じることができない人を、あえて彼女にしたいと思う人なんていないのです。

■隙も笑顔もなく男性との接点もない
どんなに外見がよくとも、愛想がなく男性との接点を拒んでいる人は恋愛ができる確率は非常に低くなります。出会いの入り口も狭く、出会いの場に入れたとしても、ガードが固すぎる女性に恋愛の未来はないでしょう。

■大学生で彼氏ができないと不安や焦りを感じる理由


学生の本分は勉強です。そのため、大学生になったのであれば、学業に専念することでそれなりに充実した時間を送ることもできるでしょう。しかし、いくら勉強のために進んだ大学で会っても、彼氏ができない現実を目の当たりにすると、焦りや不安を感じる女性は多いはず。その理由は大きく4つに分かれてきます。どうして不安になったり、焦ったりしてしまうのか理由がわかれば、不安定になりがちな心のバランスを保つための材料にできるはず。

焦りや不安の要素を突き止める「自己分析」を進めることによって、どう対処すればいいのかも目的もでき、本当の自分が求める大学生活を知るきっかけになるでしょう。

■まわりに置いていかれた気がする
自分以外のすべての人に恋人がいる訳ではありません。しかし、大学生になったとき、彼氏がいる人たちを目の当たりにすることで…「自分だけが置いて行かれたような気分」になることもあるでしょう。

一部の人の姿であっても、自分の持っていない憧れの環境を手にしている人がいることを知ることで、その一部の人が「まわりの代表」となり、自分だけまわりから取り残された心境になるのです。まわりの基準と自分の状況をきちんと線引きすることで、焦りを軽減できるようになるでしょう。

■自分は恋愛できないんじゃないかという不安
同じような状況にいるはずの大学仲間に彼氏がいて、自分には彼氏がいない現実を見ると、「自分は恋愛できないタイプなのではないか」という不安も出やすくなりがち。

恋愛が苦手な人はいますが、恋愛ができない人はいません!このことをしっかり自覚することが、彼氏作りの第一歩だと思いましょう。

だれでもちょっとしたきっかけとタイミング、そして出会いへの努力をすることで、いつでも恋愛はできる体勢が整っているのですから。

■自分に自信がない
外見、社交性、トーク術、性格に性質と、なにかしら自分に大きなコンプレックスを抱えている人は、自信を持つことが難しい状況となってしまいがちです。

欠点ばかりしか見えない自分を愛することができず、自分すら愛せない自分を、ほかの誰かが愛してくれることへの自信も消えてしまうでしょう。なにかひとつでも自分のいいところを探してください。たったひとつでも自分を認められる項目を見つけられれば、それは大きな自信となり、他の人に認めてもらえるような大きな魅力に繋がっていきます!

■一生彼氏ができない気がする
大学生活が人生の最後ではありません。しかし、人間は「その場の環境を人生最大の地点」と見やすい傾向があります。そのため、大学で彼氏ができない生活を送ることで、「自分の人生には彼氏ができないのではないか……」という、錯覚に近い不安に襲われてしまうこともあります。

何度も言いますが、人生は大学で終わりではありません。

社会生活へのスタートラインのその前の「準備期間」です。未来が続くことを見据えた意識を持てれば、漠然とした根拠のない不安を和らげることができるようになるはずです。

■大学生で彼氏を作る手っ取り早い方法


高校生活までとは比べ物にならないほどの多くの生徒が通う大学では、必然的に出会いの数も多いと思われがち。しかし、実際に入ってみれば…同じ大学に通うたくさんの人のほとんどが「構内ですれ違うだけの通行人」であることに気づくでしょう。

勉強スタイルも高校生の時のような「クラスメイト」という概念がなく、自分の必要な単位を取得するために各自が講義を受けるスタイルなので、毎日同じ仲間と顔を合わせる機会も減っています。そのため、初対面でも自分から話しかけられるくらいの積極性がないと出会いを期待できる可能性は低いのが現実です。

大学に通っているだけ生活で彼氏ができないのであれば、自分から「彼氏のできる環境」を作る必要があるのです。これから、手っ取り早く彼氏をゲットするための「出会い作り5選」をご紹介していきますので、大学生になっても彼氏ができずに悩んでいる人はさっそく試してみてください!

■サークルに入る
普通の講義はなかなか親しく話す機会も少なく、出会いの場としての力は弱め。ではどこで出会いが期待できるかというと「サークル」なのです。大学生活ならではの部活のようなサークルでは、特定のメンバーと活動を共にするので会話のチャンスが盛りだくさん!

歓迎会やイベントや発表会などの打ち上げでは、合コンのノリで楽しめるメリットもあり、カップルができやすい環境になります。趣味の延長のようなサークルは、共通の話題も多いので盛り上がりやすいですね。

■バイトを始める
アルバイトは見方によれば出会いの宝庫です。高校時代より自由の広がる大学生では、空いた時間をアルバイトに使うのも良いですね。アルバイト先で知り合う社員さんや先輩、同僚、後輩、など出会いの幅が広がります。長期の夏休みや冬休みに泊りがけでリゾートバイトに行くのも人気。大学生だからこそできるアルバイトも増えてくるので、楽しみながら出会い探しができます!

■合コンに参加する
彼氏が欲しい友達と一緒に参加できるメリットのある合コン。ひとりで彼氏探しをするよりも楽しみながらできることも人気の出会い方です。合コンで好みのタイプがいなかったとしても、そこで知り合った人を通して新しい出会いも期待できる、「一石二鳥の出会いの場」として活用してみましょう。

■友達に紹介してもらう



自分のことを知ってくれている友達に紹介してもらうのもおススメ。初対面の知らない人を紹介される訳ですが、共通の友人がいることで話題もあり、なにより「友達の知っている人」という安心感もあります。カップル成立のなれそめの中で1番多いのは、実は友人の紹介なのです。成功確率への期待度は高めですね。

■マッチングアプリや恋活パーティーに行ってみる
一昔前までは、ネット上での出会い探しは「出会い系」として嫌煙されることもありましたが、現代では利用者の増加に伴い、安全性も高いものになってきたこともあり、若者を中心に多くの人が活用している便利ツールでもあります。

マッチングアプリや、恋活パーティーを活用した出会いで、実際に彼氏ができた大学生もいます。空いた時間をフル活用でき、かつ、同じような出会い探しをする人と繋がれるので最も効率的な出会い方になるでしょう。

■彼氏できないで焦る大学生がすべき行動


恋愛が人生のすべてではないので、彼氏がいなくても大学生活を満喫できる人もいます。それなりに大学生活は楽しめているけれど、まわりの友達の恋バナを聞いたり、インスタの投稿をを見ることで焦りを感じてしまう人も少なくないでしょう。

ほかの人の恋愛を見て焦るということは、深層心理の中で恋愛を求めているのです。そんな恋愛なしの生活に割り切りの感情を持てず、漠然とした不安を抱えてモヤモヤしてしまう人に試していただきたいのは3つの攻略ポイント。「彼氏が欲しい!」という自分の気持ちに正直になって、彼氏を作るための意識を強くすれば、そこから広がるチャンスが見えてくるはずです。

■男子ウケする服装とメイクを学ぶ
女性が可愛いと思うものと、男性が可愛いと思うものには差があることをご存じでしょうか。女子ウケのいい服装やメイク、実はあんまり男性ウケしていないものが多いのです。

ファッション誌の「男ウケメイク・コーデ」特集などを参考にしたり、男友達の意見を聞いたり、男性ウケのいいメイクとファッションを勉強するのも、効果的な攻略ポイントになります。まずは見た目から攻めていきましょう。

■ありがとうと笑顔を基本装備する
常に笑顔の女性はそれだけで好感度が高くなります。また、当たり前のことでも、何かしてもらったときに「ありがとう」を自然に言える人は、さらに好感度を上げます。好感度は好意へ繋がりやすい感情なので、高い好感度を基本装備にできる女性は男性が放っておかないはず。彼女にしたい女性の雰囲気を持てれば、少しくらい外見に自信がなくても彼氏はできます!

■好きな人以外にも愛想よくする
意識した相手に優しくするのは、「気に入ってもらいたい」というアピールのひとつです。

しかし、特定の相手だけ優しくして他の人へは優しさの欠けた姿を見せてしまうことで評価はガタ落ち。誰に対しても優しく接する姿が魅力をアップさせるポイントになることを、しっかりと把握した上で行動に移していきましょう!

■好きな人ができない大学生はどうすればいい?


彼氏=好きな人です。好きな人ができればアピールして恋人になる、という構図が出来上がりますよね。では、好きな人ができない人はどうすればいいのでしょう。その答えは簡単。好きな人を作ることです。

と、言っても、人の気持ちはそう簡単に動かせるものではないので、実際に行動するのは少々難関になってくるでしょう。気持ちの持ち方や、恋愛の始まりに対する考え方を変えるきっかけになるポイントを解説します。

■告白されてはじめる恋もあり
最初は何の意識も持っていなかった相手であっても、告白されたり好意を感じることで急に意識し始めるパターンもあります。

その気がなかったとしても、特に好きな人がいない状況で、そんなに悪い気がしない相手であれば告白されたことを理由に付き合ってみるのもアリです。告白されたことがきっかけで好きになるケースも珍しい話しではありません。

■いろいろな人と恋愛以外でも関わってみる
好きな人ができにくい人の中には、「人の食わず嫌い」が多くみられる傾向があります。相手のことをよく知ろうともせず、第一印象や最初の直感だけで関わることを排除する人ですね。…でも、時間をかけて付き合うことで初めて見える人間性もあります。

自分の価値観に近い人だけで人間関係を構築してしまうと、恋愛チャンスの幅が狭くなってしまうでしょう。新しい価値観を持っている人との交流も、案外面白いものですし、恋愛意識関係なく、いろんな人との交流をしていくことで「好きな人」が現れる確率は高くなります!

■好きな人ができないのは出会いがないから
ドキドキするような相手がいないのは、人を好きになりにくいのではなく単純に「出会いが少ないだけ」という場合もあります。心を許した特定の相手としか接触しない生活では、せっかくのチャンスを自分から閉ざしている可能性も。

好きな人と出会えていない状況は、すごく損しているような気分になるのではないでしょうか。無理に出会いを探す必要はありませんが、少しずつでも人の集まる場所に参加してみることをおススメします。意外と出会いが転がっている…ことを実感するチャンスも期待できます。

■まとめ


大学生活で恋愛をすることができない人の多くは、社会に出ても恋愛から遠ざかる生活になりがちです。大学は社会に出る前の準備期間として有効的な場所ですが、恋愛においても同じことが言えるでしょう。失敗をしても「学生のときの話」として思い出にすることもできるチャンスなので、失敗を恐れずにどんどん恋愛に挑戦してほしい時期です。

学生時代に恋愛ができなくても、社会人になってからデビューできる人もいますが、その確率はかなり低くなります。恋愛経験は「良い思い出」も「悪い思い出」も、すべて含めて人を成長させてくれます。

また、女性としての魅力も確実に上げてくれるチャンスです。大学生での恋愛を経験することは、大人になってからの恋愛をより豊かにするための勉強だと思いましょう。恋愛に奥手になりがちな人も、恋愛にトラウマがある人も、特に理由もなく恋愛が苦手な人も自分改革をして恋愛に挑戦する価値はあるはず。

彼氏がいる大学生活と、彼氏のいない大学生活は、正直言って全く違う世界になります。より楽しい大学生活を送るためにも、自分が幸せを感じる時間を増やすためにも、社会にでたときに手にする幸せを増やすためにも、大学時代のときに恋で学習をすることをおススメします!

躊躇している時間はもったいないです。自分に自信をつけるためにすべきことをし、彼氏ができない原因解消のための努力をすれば、高確率で彼氏のいる大学生活を経験することができるようになるでしょう!(沢田七海/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ