神木隆之介主演『屍人荘の殺人』、Perfumeが主題歌担当&最新予告解禁

クランクイン!

2019/10/9 05:00

 俳優の神木隆之介が主演し、女優の浜辺美波、俳優の中村倫也が共演する映画『屍人荘の殺人』の主題歌を、3人組テクノユニット・Perfumeが担当することが決定。楽曲が流れる最新の予告映像と本ポスタービジュアルが解禁された。

本作は、国内ミステリーランキング4冠を果たした今村昌弘の同名小説を映画化した本格ミステリー。湖畔のペンション「紫湛荘(しじんそう)」で起こる連続殺人事件の謎を描く。

ミステリー愛好会に所属し、強引な「探偵たち」に翻弄されながらも、さながらワトソンのごとく探偵助手として立ち回り、前代未聞・絶体絶命の状況に立ち向かう主人公・葉村譲を神木が演じ、主人公たちを前代未聞の謎へと誘う女子大生探偵・剣崎比留子を浜辺、神木演じる葉村を振り回すミステリー愛好会の会長であり、自称“ホームズ”・明智恭介を中村が演じる。

本作の主題歌をPerfumeが担当することが決まり、中田ヤスタカによって新曲「再生」が書き下ろされた。9月下旬には、神木、浜辺、中村のキャスト3人とPerfumeの3人の初対面が実現。あ~ちゃんは楽曲について「曲のイメージや歌詞にこめられた意味について、レコーディング前に中田さんから言われることはあまりないのですが、今回はいつも以上にしっかりと教えてもらった上で歌わせていただいたので、今回、特に力が入ったものができました!」と自信を持ってコメントした。

同じ事務所に所属しプライベートでも親交のある神木は、「普段からPerfumeさんと仲良くさせていただいているのですが、こうやって一緒にお仕事させていただくのは初めてで変な感じがします。(笑) 凄く素敵な曲を歌っていただいて、飛ぶほど喜んでいます!」と感謝を伝え、浜辺は「『どこが“再生”なんだろう?』、『何が“再生”なんだろう?』って考えると、意味が深いなぁ、いいなぁと思いました」、中村は「この映画のラストにこの曲が流れるのを聞いて、舞台でいう『幕がちゃんと下りた』というような感じがしましたね」とコメントし、それぞれ喜びを伝えた。

最新予告映像では、Perfumeのアップテンポな新曲「再生」をバックに、探偵助手とW探偵が巻き込まれてゆく怒涛(どとう)の展開に、登場人物たちの緊迫感あふれるセリフと表情が畳み掛けるように映し出され、期待感をあおる内容となっている。

併せて公開されたポスタービジュアルには、葉村、比留子、明智を含む「15人の容疑者たち」のビジュアルが散りばめられている。

映画『屍人荘の殺人』は12月13日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ