「日本沈没」を湯浅政明がNetflixでアニメ化 20年東京オリンピック直後の日本が舞台

アニメハック

2019/10/9 07:00

主人公の姉弟、歩(あゆむ)と剛(ごう)を描いたティザービジュアル
主人公の姉弟、歩(あゆむ)と剛(ごう)を描いたティザービジュアル
(C) “JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
 「夜明け告げるルーのうた」「きみと、波にのれたら」の湯浅政明監督が手がける全10話のアニメシリーズ「日本沈没2020」の製作が発表された。2020年に、Netflixで全世界独占配信される。

同作は、1973年に発表された小松左京氏のベストセラー小説「日本沈没」をもとに、2020年の東京オリンピック直後に舞台を変更。これまで映像化では描かれることの少なかった“ごく普通の家族の物語”を通して、いま描かれるべき「日本沈没」を描くという。

湯浅監督は、「国ってなんだ? 日本人ってなんだ? 生まれた場所とそこの環境で何が決まるの? 決まらないの? 子どもの頃に疑問に思った自分へ答えるべく、このビッグタイトルへ挑みます!」とコメントを寄せている。一方、原作管理を行う小松実盛氏(小松氏の次男)は、「アニメ『日本沈没2020』は、これまでの『日本沈没』から派生した劇場版映画、テレビドラマ、コミックとは全く異なる点があります」と述べている。

湯浅監督がNetflix独占配信のオリジナルタイトルを手がけるのは、2018年の「DEVILMAN crybaby」以来2度目。「DEVILMAN crybaby」でもタッグを組んだ音楽の牛尾憲輔のほか、シリーズディレクターを「夜は短し歩けよ乙女」に演出として参加した許平康、脚本を元漫才師の脚本家・吉高寿男が担い、湯浅監督率いるサイエンスSARUがアニメーション制作を担当する。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ