岡副麻希、肩出しニットが肌と一体化して… 「心配だった」コーデ披露

しらべぇ

2019/10/9 06:45


10月に突入したが、都内近郊の昼どきは依然として夏のような陽気が続いている。現在日本に台風19号が接近しているようだが、通過後は秋の気候を感じられるのだろうか。

フリーアナウンサー・岡副麻希は自身のインスタグラムから、秋服に関する悩みを告白している。

■秋の色といえば…


春はパステルカラー、夏はビビッドカラーといったように季節ごとにも色のトレンドが存在。秋や冬は暖色の他に落ち着いた色味が好まれる傾向にあるが、夏らしさが続く都内ではまだあまり見かけない。

岡副は8日に自身のインスタグラムを更新し、「今年はやっている茶色、肌と一体化しないか心配だったんですけど…」「今のところ、大丈夫です!」とコメントする動画を公開した。




関連記事:岡副麻希、痛々しい体のアザに心配の声 「これはひどい」「一体何が…」

■茶色との親和性


「黒すぎる女子アナ」として名を馳せた岡副のトレードマークは、こんがりと焼けた褐色の肌。動画では秋らしい茶色のトップスを着用しており、確かに地肌とよく似た配色となっている。

本人も「今のところ」と強調しているところを見ると、あと少し肌が黒くなったら完全に一体化してしまうかもしれない。岡副の投稿には「#茶色」「#一体化…?」など、困惑が伝わってくるハッシュタグがつけられていた。

■シーズンごとのファッション


季節ごとの新作をチェックするのは楽しいが、毎シーズン新しい服を買っていると出費がかさんでしまう。果たして、季節ごとに衣類を新しく購入する人はどれくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部では全国の10~60代の男女1,732名を対象として、ファッションに関する調査を実施。調査の結果、「衣類は季節ごとに新しく購入する」と回答した人は全体の17.7%と判明した。

性年代別の回答を見ると10代女性の購入率が突出して多く、全年代を通じて男性より女性のほうが服への関心が強いようだ。



秋服との一体化を紙一重で免れた岡副。しかし茶色の濃さによっては、完全に同化してしまうだろう。

・合わせて読みたい→岡副麻希、軟体ボディでありえない曲線描く ファン「玉転がしたい」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ