ダイヤモンドの中にもう一つダイヤモンド 「ロシアの伝統的なマトリョーシカ人形に似ている」

ガジェット通信

2019/10/9 06:00



ダイヤモンドの中にもう一つダイヤモンドが入っている珍しいダイヤモンドが発見され、話題となっています。ロシアの政府系企業アルロサが、同社の保有するシベリアのサハ共和国ニュルバにある採掘場でこのダイヤモンドを発見しました。

https://twitter.com/ALROSA_official/status/1180163549798293505

0.62カラットのダイヤモンド(大きさ4.8×4.9×2.8ミリメートル)の中には、平らな形状をした0.02カラットの別のダイヤモンド(大きさ1.9×2.1×0.6ミリメートル)が入っています。同社は、「ロシアの伝統的なマトリョーシカ人形に似ている」とコメントしています。

研究者たちは、0.02カラットの小さなダイヤモンドが最初に形成された後、外側の0.62カラットのダイヤモンドが形成されたという仮説を立てています。



X線画像では、はっきりと二重構造になっていることがわかりますね。ちなみに、このような二重構造のダイヤモンドの発見例は“世界初”になるとのことです。

Matryoshka diamond(YouTube)

https://youtu.be/YKbP0i3bWu0

※画像とソース:

http://eng.alrosa.ru/58808/

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ