田中みな実、恋愛は「したりしなかったり自由にやってます」

クランクイン!

2019/10/8 22:10

 フリーアナウンサーの田中みな実が8日、都内で行われた『第32回日本メガネベストドレッサー賞』表彰式に出席。今後メガネを掛けてほしい著名人に贈られる特別賞を受賞した田中は「これからメガネを掛けてメディアで活躍したいと思います」と意気込んだ。

同賞は、業界関係者と一般消費者からの支持に基づき選考された“今メガネのもっとも似合う各界の著名人”を表彰するもの。表彰式には田中のほか、受賞者の岡田結実(芸能界部門)、トリンドル玲奈(サングラス部門・女性)、西島隆弘(サングラス部門・男性)、立川志らく(文化界部門)、経済評論家の岸博幸氏(経済界部門)、日本維新の会代表で大阪市長の松井一郎氏(政界部門)が出席した。

特別賞を受賞した田中は「日頃メガネを掛けているイメージは無いと思うのですが、今後掛けてほしいとのことでありがたく頂戴いたします」とニッコリ。「幼い頃から視力だけは良くて、2歳年上の姉がメガネっ娘だったのでそれに憧れていました」と幼少期を振り返った。

現在については「今はファッションの一部としてメガネを楽しむようになりました」と明かし、この日行われた展示会でさまざまなメガネを見たことにより、さらにメガネが好きになったと報告。「これからメガネを掛けてメディアで活躍したいと思います」と意気込みを語った。

また、芸能界部門を受賞した岡田は「自分も掛けてみたくて、子供ながらに目を悪くしなくちゃいけないと思って、暗闇で本を読んでいたんです。そしたら伊達メガネというのがあると両親に怒られて」と回顧。「昨日から興奮して、緊張をとるためにお菓子とかいっぱい食べてたらニキビが出来てしまって。帰ったらプロアクティブ使おうって思いました」と、自身がCM出演する化粧品をおちゃめにアピールした。

表彰式後の会見では、田中が自身の恋愛事情に言及。「最近の良い出会いは?」と聞かれた田中は「もう30も過ぎてますから、したりしなかったり自由にやってます」と答え、メガネ男子については「掛けた男子も掛ける男子も好きですよ」とにこやかに話した。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ