桐谷健太、菜々緒の兄役で「ビシビシ言う」 CMとは立場逆転!?


福士蒼汰主演のTBS系金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』(10月11日スタート、毎週金曜22:00~)の1話特別試写会&キャスト舞台挨拶が8日、都内で行われ、福士、菜々緒、桐谷健太、横浜流星が登壇。桐谷は、auのCM“三太郎”シリーズで共演している菜々緒の兄役を演じることに「まさかお兄ちゃんになるとは思いませんでした」と話した。

小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画を原作とするこのドラマは、福士演じる手を重ねた人の“死の運命”が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことと、菜々緒演じる命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。親の再婚を機に、沙羅と共にみことの義理の兄弟となった長男・廉を桐谷、末っ子・藍を横浜が演じる。

桐谷演じる長男・廉は、父親が亡くなり、母親も不在がちな花巻家の親代わり的存在。桐谷は「4人で暮らしていく中で、自分が家長としてしっかりしないといけないというのは、徐々についていったんだと思います。家長でありながら少年っぽさも出るようにというイメージです」と話し、舞台挨拶登場時に“家長”の雰囲気があったと言われると「そこはアピールしとこうかなと。家長だぞって」と笑いを誘った。

撮影現場の様子を聞かれると「すごい和気あいあい。一緒にご飯を食べるシーンが多いので、食事前とかだったら食堂とか行かずにみんなで一緒に撮影で出るご飯を食べたりしています」と明かし、「和気あいあいとしながらも撮影のときは集中してやっています」と加えた。

そして、CMで共演している菜々緒について「CMで翻弄されっぱなしで、まさかお兄ちゃんになるとは思いませんでした」と話すと会場から笑いが。続けて桐谷は「お兄ちゃんとしてビシビシ言います。普段ビシビシ言われているので」と、CMとは関係性が逆転していることを伝え、「そこも楽しんでいただけたら」と呼びかけた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ