Cygamesのスマホ向けゲーム「シャドウバース」TVアニメ化決定 監督は川口敬一郎、アニメ制作はZEXCS

アニメハック

2019/10/8 20:00

(C)アニメ「シャドウバース」製作委員会
 Cygamesが提供するスマホ向けカードゲームアプリ「Shadowverse(シャドウバース)」のテレビアニメ化が決定した。メインスタッフも発表され、「フレームアームズ・ガール」の川口敬一郎(監督)、赤尾でこ(シリーズ構成)、ZEXCS(アニメーション制作)が再集結。シリーズ構成として磯崎輪太郎、キャラクターデザインとして「あかねさす少女」の原田大基も参加する。

原作ゲームは、2016年6月に配信を開始し、累計ダウンロード数2100万を突破している人気作。同じくCygames作品のダークファンタジー「神撃のバハムート」と世界観が共通しており、同作のキャラクターが多数登場する。

あわせて公開されたアニメ版ティザービジュアルには、原作ゲームとは異なるタッチで、現代的な服装の赤髪の少年と黄金に輝くドラゴンが描かれている。放送時期、登場キャラクターやカード、ストーリー展開などは後日発表される。

なお、原作ゲーム内ではアニメ化を記念して、特別ログインボーナスとしてアニメ版エンブレムやスリーブなどのプレゼントキャンペーンを実施中。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ