フォルクスワーゲン 新型SUV「T-クロス」のティザーサイトオープン

オートプルーブ

2019/10/8 19:30

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、日本での年内発表を予定しているSUVファミリーの中で、最も小さいコンパクトSUV、新型「T-Cross(ティークロス)」のティザーサイトをオープンした。また、サイト公開に合わせて全国の販売店では、新型「T-クロス」の特徴を解説するスペシャル・リーフレットの配布も開始した。

■T-クロスとは?オープンしたティザーサイトでは、「T-クロス最速攻略」と称し、日本導入予定の新型「T-クロス」の特徴を分かりやすく紹介している。また、全国の販売店では、広げるとA1サイズになるポスタータイプのスペシャルリーフレットを配布し、新型「T-クラス」の魅力を詳しく解説している。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});新型「T-クロス」の日本仕様は、導入特別仕様の「T-クロスTSIファースト」、「T-クロスTSIファーストプラス」の2仕様を導入する。搭載するパワートレーンは、直列3気筒1.0TSIエンジンを採用。フォルクスワーゲンの生産モジュール方式「MQB」を採用し、このクラスで最小レベルのコンパクトなボディでありながら、広々とした居住性と荷物をふんだんに積み込める広いラゲッジスペースを両立し、高い実用性を誇る。

さらに「MQB」によって、以前は上位セグメントのクルマにしか採用されていなかった数多くのドライバー支援システムを多数採用。5月に欧州で実施している自動車安全テスト、ユーロNCAP(欧州新車アセスメントプログラム) において、小型車セグメントに属する新型「T-クロス」は、全てのカテゴリーにおいて最高のスコアを獲得。高い安全性を証明している。

ボディカラーは全部で8種類。ミラーとアルミホイールがアクセントカラーになっているデザイン・パッケージを採用することで、導入予定の2 グレードで合計21種類の内外装の組み合わせの中から好みのモデルが選択できる。

フォルクスワーゲン T-クロス特設サイト

フォルクスワーゲン 関連記事フォルクスワーゲン・ジャパン公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ