立石俊樹の“大物”エピソード続々!? 赤澤遼太郎・北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶、詳細レポート!

numan

2019/10/8 19:00


赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんら出演する映画『先生から』が公開中! 赤澤遼太郎さんらが登壇した公開記念舞台挨拶の様子を詳細レポート!
■関連記事はこちら!
「俺たち、似てるよね」立石俊樹&北川尚弥が意気投合♪ 映画『先生から』インタビュー【前編】

2019年10月4日(金)に公開を迎えた、映画『先生から』。10月5日にはユナイテッド・シネマアクアシティお台場にて公開記念舞台挨拶が開催され、赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんらキャスト9名と、堀内博志監督が登壇しました。

笑いに溢れたトーク模様を、詳細レポートでお届けいたします。
 (110501)
公開中の映画『先生から』は、「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」の3パートで構成された長編映画。

物語を彩るキャストには、赤澤遼太郎さん、立石俊樹さん、北川尚弥さん、田鶴翔吾さん、小早川俊輔さん、吉村駿作さんら。舞台を中心に活動する彼らが、映像作品で新たな一面を見せます。

キャスト9名&堀内監督による舞台挨拶がスタート

10月5日に開催された公開記念舞台挨拶では、真北直史役の赤澤遼太郎さんを筆頭に、小宮久作役の北川尚弥さん、間宮康作役の立石俊樹さん、谷口一真役の田鶴翔吾さん、伊草順也役の小早川俊輔さん、真北健司役の吉村駿作さん、高田 泉役の伊藤歌歩さん、小宮佳奈恵役の森田亜紀さん、小宮久作役の那波隆史さんと、豪華キャスト9名が堀内博志監督とともに登壇。
 (110493)
映画初出演にして主演を飾る赤澤さんは、3パートから構成される今作に「台本で読んでいたものが、映画ではこう繋がるのかと。
撮影中は各セクションに分かれていたので、“別のチームではこんな一面があるんだ”“こんなお芝居をしていたんだ”という発見がありました」とコメント。

その仕上がりにも、「いち視聴者として、面白い作品だと思いました」と自信を見せます。

この言葉には立石さんも大きな反応を示していたようで、その様子を「めちゃくちゃ頷いてくれる! 皆さんに聞こえない大きさの声で、ずっと『うん、うん』って言っています(笑)」と明かす赤澤さん。トークのオープニングから、和やかな空気が会場を包みます。

田鶴翔吾が見た、赤澤遼太郎の見習いたい姿とは?

続いてはMCからキャスト陣へ、「キャストの中で先生にしたいと思った人、先生みたいだった人のエピソードは?」という質問が。
 (110481)

赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹ら映画『先生から』舞台挨拶 写真2
まずは赤澤さんから、今作で描かれる3パートより「先生の遺言」にて、若者たちの青春を演じる北川さん、吉村さんに向けて「ファッションってシンプルになればなるほど難しいと思うんですが……この2人がある衣装を着ているんですが、ものすごくファッショニスタだなって(笑)。季節も先取りした最先端の姿を、ファッションの先生としてもらいました!」とコメント。

実は12月に行われたという極寒の撮影で、タンクトップ姿を披露している北川さん&吉村さん。
北川さんが「ある意味、最先端です!(笑)」と語った、その着こなしぶりにも注目です!
 (110482)

赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹ら映画『先生から』舞台挨拶 写真3
続いて田鶴さんは「僕も映画は初出演で、分からないことばかりで緊張していました。置いてあるお菓子も、食べていいのか分からなくて」と振り返りつつ、共演シーンが多かった赤澤さんについて、「(赤澤さんも初の映画なのに)彼はみんなで食べる用の芋けんぴの袋を独占して、芋けんぴを食べながら我が物顔で現場を歩いていて!(笑)」と暴露。

その堂々とした振る舞いを、「見習うべきか、どうなのか?(笑)」と疑問を見せつつ、“先生”として挙げてくれました。
 (110489)

キャストたちの“先生”、堀内監督が明かすエピソードは

そんな笑いが溢れる掛け合いに、先輩キャストの那波さんが「ほかの撮影現場では“当たり前に知っているだろう”と教えてくれないようなことも、堀内監督は丁寧に教えてくれる。

映画初出演の皆さんにとっては、監督こそが先生であり、親のようだったんじゃないかと思います」と優しい視線を向けると、堀内監督も「生んだ覚えはないですが(笑)。みんな、本当に素直なんです」と笑顔で答えます。
 (110490)
さらに堀内監督は、「教えたことをすぐに吸収してくれるし、普段は舞台に立っているから瞬発力もある」とフレッシュなキャストたちを評価。

その一例として、「先生の遺言」でのワンシーンより「3人(北川さん・吉村さん・伊藤さん)が踊るシーンは、台本にはなかったんです。でも撮影当日にリクエストしたら3人で相談して、北川くんを中心にすぐに振り付けを作ってくれたので、北川くんが“ダンスの先生”ですね」というエピソードも明かされました。

北川さん&吉村さんの掛け合いは“和ませ先生”!?


 (110496)
続いて北川さんは、「僕にとっての先生はジョナサン(吉村さん)です!」と回答。

その理由を「人の話を聞くときの姿勢が、こう!(笑) 聞き上手ですよ」と、腕を枕にして寝そべるようなポーズで再現します。

すると吉村さんは、「撮影場所が古い建物だったので、アレルギーが出てしまって! 苦しかったからこうなってたみたいで」と必死に説明しますが、その慌てぶりに客席は大笑い!
 (110495)
この様子に北川さんは、「みんながいい意味でジョナサンをイジるので、笑いが起きて現場が明るくなって。だからこそ、いい作品ができたのかな」と、吉村さんがムードメーカーだったと話します。

対して吉村さんは、「僕の先生は尚弥。セリフを覚えるための、読み合わせに付き合ってくれました。大先生です!」と語りますが、北川さんからは「でも、全然セリフを覚えてくれない(笑)」と明かされ、2人のテンポのいい掛け合いに会場は大爆笑!

北川さん&吉村さんの名コンビぶりには、共演シーンが多かった伊藤さんからも「現場でもずっとこんな感じだったので、私も緊張していたんですが、撮影初日には『2人とも変な人なんだな』って気付いて、気がラクになりました(笑)。だから2人とも、“和ませ先生”ですね!」という声が上がっていました。

立石さんは“どんぐり先生”!? 大物エピソードが連発

一方で、「先生とホスト探偵」にて中心人物を演じた立石さんには、映画初出演ながらその大物ぶりを明かす声が続出。
 (110491)
森田さんからは、「立石くんは、本当に楽しそうにしていて。初めての映画撮影なのにこんなに楽しくできるんだ、この人は大物だなと思いました(笑)」と語られますが、立石さん自身は緊張していたそうで、「森田さんとのシーンでは、笑いのツボに入っちゃって。笑いが止まらなくてNGを連発してしまったんです」と反省。

そして森田さんに向け、「お芝居で僕を引き込んでくれたので、なんとか無事に終えられました。監督はもちろん、森田さんこそが僕の先生です」と感謝を伝えます。
 (110499)
しかし、立石さんとの共演シーンが多かった小早川さんからも、撮影の合間の写真撮影を振り返って「公園に行ったら、俊くんがどんぐりを集め出して! 『僕、どんぐり好きなんだ~』『持って帰るんだ~』って止まらなくて、大物だと思いました(笑)」という珍エピソードが明かされることに!

これには会場も大爆笑で、MCからは立石さんに“どんぐり先生”との異名が贈られました(笑)。

監督&3人からメッセージ

降壇前には堀内監督とともに、各パートの主人公を務めた赤澤さん、立石さん、北川さんが順に挨拶。

まずは堀内監督から「皆さんにとっての“先生”を思い浮かべながら、観ていただけたら嬉しいと思います」とメッセージを送ると、立石さんは「間宮康作を、愛を込めて演じました。撮影では直接会えなかった人もいるのですが、間宮として間接・直接を問わず、作品の中で影響を与えたり受けたりできたと思います」と語ります。

北川さんは「小説家を目指す激動の人生を演じさせていただいて、すごくいいものができたと思います。我々のタンクトップ姿も、注目していただけたら嬉しいです(笑)」と笑顔でコメント。
 (110500)
そして赤澤さんは、「映画や小説は、そのときの心情によって受け取り方が変わると思うのですが……この作品を観て、何かひとつでも皆さんの心に残ったのなら本望です」と語り、笑いに溢れた舞台挨拶を締め括りました。3パートの物語が重なり、ひとつの謎が紐解かれていく映画『先生から』。
ひとつの作品を共に作り上げた仲間として、登壇したキャストたちのチームワークもばっちり! 登場人物たちの様々な繋がりが描かれていく劇中と同様に、舞台挨拶でもキャスト同士の掛け合いから、たくさんの笑顔を届けてくれました。

舞台挨拶の直後には、赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さん、田鶴翔吾さん、小早川俊輔さん、吉村駿作さん、堀内博志監督による囲み取材も開催。

numanでは、囲み取材でのコメント模様も別記事にてお届けいたします!

■囲み取材の様子はこちら!

イベント概要

映画『先生から』記念舞台挨拶&囲み会見

日付: 2019年10月5日(土)
場所: ユナイテッド・シネマアクアシティお台場

舞台挨拶登壇者:
赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹、田鶴翔吾、小早川俊輔
吉村駿作、伊藤歌歩、森田亜紀、那波隆史、堀内博志監督

囲み取材登壇者:
赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹、田鶴翔吾、小早川俊輔、吉村駿作

作品概要&予告編動画


 (110368)

赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹らが出演!映画「先生から」10月4日(金)より全国順次ロードショー2
《CAST》
赤澤遼太郎 北川尚弥 立石俊樹
田鶴翔吾 小早川俊輔 吉村駿作
伊藤歌歩 森田亜紀 那波隆史

《STAFF》
エグゼクティブ・プロデューサー/股張祐二
プロデューサー/堀内博志
キャスティング・プロデューサー/名越 済
撮影/嶋根義明
録音・効果/植田 中
助監督/平波 亘
制作/小山 悟
音楽プロデューサー/平野栄二
音楽/小美野慧
主題歌 「影の世界に色を付けて」 作詞・作曲・歌:杉瀬陽子
製作 有限会社エスエルエフ
制作・配給  PERFECT WORLD
脚本・監督・編集  堀内 博志

《上映館・舞台挨拶情報》
・ユナイテッド・シネマアクアシティお台場
・京成ローザ⑩
・小田原コロナシネマワールド
・中川コロナシネマワールド
・大垣コロナシネマワールド
・シネマート心斎橋
・MOVIXあまがさき
・T・ジョイ京都(10/6のみ・one day上映))

※舞台挨拶(10月5日・6日)の詳細は、後日公式HPにてお知らせします。

《公式ホームページ》
http://senseikara.uh-oh.jp/

(C)有限会社エスエルエフ/PERFECT WORLD

映画『先生から』予告

<iframe width="480" height="270" src="https://www.youtube.com/embed/zpiQ8d_z0ow?feature=oembed" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
via
https://www.youtube.com/watch?v=zpiQ8d_z0ow&feature=youtu.be

あらすじ

—「過去の過ちをどう償うべきか、ずっと考えてきました」—

作家志望の青年・真北直史(赤澤遼太郎)は、弟子入りしている作家・小宮久作(那波隆史)から<小宮公也>を探すよう頼まれる。
久作の言葉通り、出版社に勤める文芸編集者・谷口一真(田鶴翔吾)のもとを訪ねると、新人賞の一次選考に公也の名前が残っていることが発覚。 公也が書いたのは『先生の遺言』という作品だった。
死期が近づく久作の願いを叶えようと、直史は公也の行方を追う。

そのころ、久作の妻・佳奈恵は、中学時代の教え子であり現在ホストとして働く間宮康作(立石俊樹)に<小宮公也>が借りていたアパート202号室を訪ねるように告げる。
保証人である久作に家賃滞納の連絡がきたものの、何も心当たりがないのだと言うのだ。佳奈恵は、愛人の存在を疑っていた。

そんなある日、<小宮公也>を名乗る男(小早川俊輔)が現れ、物語は大きく展開する。 やがて、久作はそれまで誰にも明かさなかったある秘密を直史へ話す。それは、若かりし頃の久作(北川尚弥)、真北健司(吉村駿作)、高田泉(伊藤歌歩)らが過ごした青春時代の話だった。

果たして<小宮公也>の正体は誰なのか?
久作の秘密は何なのか?
それぞれの「先生」が引き寄せた出会いによって、新たな物語がはじまる――。

 (110373)

赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹らが出演!映画「先生から」10月4日(金)より全国順次ロードショー

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ