【完全レポート】赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹ら映画『先生から』囲み会見 見どころや注目ポイントは?

numan

2019/10/8 19:00


赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんら出演する映画『先生から』が公開中! 赤澤遼太郎さんらが登壇した公開記念舞台挨拶の舞台挨拶の様子を完全レポートします♪
■関連記事はこちら!
・立石俊樹の“大物”エピソード続々!? 赤澤遼太郎・北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶、詳細レポート!
・「俺たち、似てるよね」立石俊樹&北川尚弥が意気投合♪ 映画『先生から』インタビュー【前編】

2019年10月4日(金)に公開を迎えた、映画『先生から』。10月5日にはユナイテッド・シネマアクアシティお台場にて公開記念舞台挨拶が開催され、赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんらキャスト9名と、堀内博志監督が登壇しました。

舞台挨拶記事に続き、本記事では囲み取材での6人のコメントを、完全レポートでお届けいたします!
 (110502)
公開中の映画『先生から』は、「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」の3パートで構成された長編映画。

物語を彩るキャストには、赤澤遼太郎さん、立石俊樹さん、北川尚弥さん、田鶴翔吾さん、小早川俊輔さん、吉村駿作さんら。舞台を中心に活動する彼らが、映像作品で新たな一面を見せます。

舞台挨拶に続いて行われた囲み取材では、主演・真北直史役の赤澤遼太郎さん、小宮久作役の北川尚弥さん、間宮康作役の立石俊樹さん、谷口一真役の田鶴翔吾さん、伊草順也役の小早川俊輔さん、真北健司役の吉村駿作さんが登場。それぞれ、本作への想いを聞かせてくれました。

映画公開を迎え、現在の心境は?

――はじめに、現在の心境をお聞かせください。

赤澤遼太郎(以下、赤澤) 率直にすごく嬉しいと思いつつ、撮影が1年ほど前だったので、まだ意外と実感が湧かないな、という気持ちもあって。早く映画館に足を運んで、自分も劇場で観てみたいです。

北川尚弥(以下、北川) 完成した映画を観させていただきましたが、演じているのは自分なのに、自分じゃないようで……。僕は小宮久作の青年時代を演じたので、当時の時代感も楽しんで観ていただけると思いますし、多くの方に観ていただきたいなと思いました。

立石俊樹(以下、立石) 初めて出演した映画がいよいよロードショーということで、とても嬉しいです! 間宮康作という売れないホストの役で、スクリーン越しに観ると、自分とはまったく違う人物になっていたのが不思議でした。僕もまだ実感が湧かないのですが、とにかく嬉しいです。
 (110503)
田鶴翔吾(以下、田鶴) 初めての映画出演なので、とにかく公開が迎えられてよかったな、と。ほとんどのキャストが映画は初めてだったので、この作品からはじまり、それぞれ別々の道に進むと思いますが、5年後、10年後にもう一度観たいと思える、思い出になる作品だと思います。この気持ちは観たお客様にしか伝わらないと思うので、ぜひ劇場に足を運んでいただきたいと思います。

小早川俊輔(以下、小早川) 僕は、ひとまずお家のディスプレイでこの映画を観させていただきました。初めての映画出演だったので、自分が出ていないシーンでは笑ったり共感できたりと純粋に楽しめたんですが、自分の出るシーンではドキドキする部分もあって……(笑)。その何倍もドキドキできるように、今度は劇場の大きなスクリーンへ観に行きたいと思います。

吉村駿作(以下、吉村) 映画に出るのはひとつの目標だったので、達成できたことがすごく嬉しかったです。最近は、映画を劇場に行かず、自宅で観る機会も多いと思うのですが、この作品はぜひスクリーンで観ていただきたいな、と思います。僕たちはまだまだ成長の途中かもしれませんが、全力を出し切って精いっぱい演じました。その姿を、楽しんでいただけたら幸いです。
 (110504)

映画の見どころ&注目ポイントは?

――映画の見どころや、注目ポイントを教えてください。

赤澤 僕が演じる真北直史というひとりの人物が、ひとつの線として描かれているんですが、そこにいろいろな人物たちが絡み合って、ひとつの物語が収束する話になっているので、その構成に注目していただけたら。そして、普段は舞台を中心に活動している僕たちのお芝居の質感や、初挑戦ならではのいつもと違う姿も、見どころになっているんじゃないかな、と思います。

北川 ひとつのものに没頭して、同じ目標を持った仲間と切磋琢磨しつつ成長していく姿も、この映画では見られると思います。そういった姿も、楽しんでいただけたらと思います。

立石 3パートからひとつの作品になっているんですが、僕が登場する「先生とホスト探偵」は、全体の中でもスパイスになる部分や、映画自体を和ませる要素が含まれていると思います。その中でも、僕が演じる間宮康作がある事情を知って、そこからほかのパートにも関わる物語が展開していくところなど、登場人物がそれぞれに動いていくところが面白いなと感じました。3パートから構成されている分、そういった要素がほかにもたくさんあるところが注目ポイントです。
 (110506)
田鶴 各タイトルで“先生”に続く、「愛人の子」「ホスト探偵」「遺言」という言葉だけを聞くと一見交わらなさそうだと感じますが、そこに「こういう風にまとまるんだ」という驚きがあり、興味を引くものになっていると思います。それぞれにどう折り混ざって、『先生から』というタイトルに終着していくのか、注目しながら観てほしいです。

小早川 僕が演じる伊草順也という役は、相手の立場や、そのときの状況によって態度を変える人間なので、その見え方の違いにも注目していただきたいです。俊くんも言ったように、僕たちの登場シーンは全体の中でもエッジの効いた場面になっていると思いますし、全編を通して楽しんでいただける作品になっていますので、ぜひ劇場でご覧いただけたら嬉しいです。

吉村 3パートそれぞれ、“先生”との関わり方が違う中で、ひとつの長編作品としては真北健司と小宮久作の“先生”との繋がり方や、タイトルにもなっている“先生”という存在にも注目していただけたらと思います。また「先生の遺言」では、ほかのシーンよりも時代が遡っているので、その雰囲気も楽しんでいただけたらと思います!
 (110507)

主演・赤澤遼太郎さんからのメッセージ

――それでは最後に、主演・赤澤遼太郎さんよりメッセージをお願いします。

赤澤 (この場にいる6名は)全員が初の映画出演ということで……ここから映像作品に挑戦していく機会も増えてくると思うのですが、初めての挑戦はこの作品にしかありません!

そのはじまりの瞬間を、この映画を観ていただける皆様にも共有していただけることが嬉しいです。僕たちの夢のはじまりである作品を、劇場で観ていただけたら嬉しいです。
 (110509)
初めての映画出演について、まっすぐな想いを聞かせてくれた6人。
今作では、役者として夢を追う彼ら自身ともどこか重なるように、時に悩みや苦しみを背負いながらも、等身大に生きる若者たちの姿をみずみずしく演じています。

映画『先生から』は、ユナイテッド・シネマアクアシティお台場他、全国にて順次公開中! “先生”を巡って展開される、若者たちの友情、恋愛、夢の青春群像劇を、ぜひ劇場でお楽しみください。

「俺たち、似てるよね」立石俊樹&北川尚弥が意気投合♪ 映画『先生から』インタビュー【前編】

「俺たち、似てるよね」立石俊樹&北川尚弥が意気投合♪ 映画『先生から』インタビュー【前編】

【チェキプレゼントあり】2.5次元舞台でも活躍する赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんら出演する映画『先生から』が2019年10月4日(金)より全国順次ロードショー開始! 公開を前に、今作のキャストから北川尚弥さんと立石俊樹さんのインタビューを前後編でお届けいたします。

イベント概要

映画『先生から』記念舞台挨拶&囲み会見

日付: 2019年10月5日(土)
場所: ユナイテッド・シネマアクアシティお台場

舞台挨拶登壇者:
赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹、田鶴翔吾、小早川俊輔
吉村駿作、伊藤歌歩、森田亜紀、那波隆史、堀内博志監督

囲み取材登壇者:
赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹、田鶴翔吾、小早川俊輔、吉村駿作

作品概要&予告編動画


 (110430)

赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹らが出演!映画「先生から」10月4日(金)より全国順次ロードショー2
《CAST》
赤澤遼太郎 北川尚弥 立石俊樹
田鶴翔吾 小早川俊輔 吉村駿作
伊藤歌歩 森田亜紀 那波隆史

《STAFF》
エグゼクティブ・プロデューサー/股張祐二
プロデューサー/堀内博志
キャスティング・プロデューサー/名越 済
撮影/嶋根義明
録音・効果/植田 中
助監督/平波 亘
制作/小山 悟
音楽プロデューサー/平野栄二
音楽/小美野慧
主題歌 「影の世界に色を付けて」 作詞・作曲・歌:杉瀬陽子
製作 有限会社エスエルエフ
制作・配給  PERFECT WORLD
脚本・監督・編集  堀内 博志

《上映館・舞台挨拶情報》
・ユナイテッド・シネマアクアシティお台場
・京成ローザ⑩
・小田原コロナシネマワールド
・中川コロナシネマワールド
・大垣コロナシネマワールド
・シネマート心斎橋
・MOVIXあまがさき
・T・ジョイ京都(10/6のみ・one day上映))

※舞台挨拶(10月5日・6日)の詳細は、後日公式HPにてお知らせします。

《公式ホームページ》
http://senseikara.uh-oh.jp/

(C)有限会社エスエルエフ/PERFECT WORLD

映画『先生から』予告

<iframe width="480" height="270" src="https://www.youtube.com/embed/zpiQ8d_z0ow?feature=oembed" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
via
https://www.youtube.com/watch?v=zpiQ8d_z0ow&feature=youtu.be

あらすじ

—「過去の過ちをどう償うべきか、ずっと考えてきました」—

作家志望の青年・真北直史(赤澤遼太郎)は、弟子入りしている作家・小宮久作(那波隆史)から<小宮公也>を探すよう頼まれる。
久作の言葉通り、出版社に勤める文芸編集者・谷口一真(田鶴翔吾)のもとを訪ねると、新人賞の一次選考に公也の名前が残っていることが発覚。 公也が書いたのは『先生の遺言』という作品だった。
死期が近づく久作の願いを叶えようと、直史は公也の行方を追う。

そのころ、久作の妻・佳奈恵は、中学時代の教え子であり現在ホストとして働く間宮康作(立石俊樹)に<小宮公也>が借りていたアパート202号室を訪ねるように告げる。
保証人である久作に家賃滞納の連絡がきたものの、何も心当たりがないのだと言うのだ。佳奈恵は、愛人の存在を疑っていた。

そんなある日、<小宮公也>を名乗る男(小早川俊輔)が現れ、物語は大きく展開する。 やがて、久作はそれまで誰にも明かさなかったある秘密を直史へ話す。それは、若かりし頃の久作(北川尚弥)、真北健司(吉村駿作)、高田泉(伊藤歌歩)らが過ごした青春時代の話だった。

果たして<小宮公也>の正体は誰なのか?
久作の秘密は何なのか?
それぞれの「先生」が引き寄せた出会いによって、新たな物語がはじまる――。

 (110435)

赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹らが出演!映画「先生から」10月4日(金)より全国順次ロードショー

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ