菜々緒、横浜流星の“かわいいポンコツ”な一面暴露「キュンキュンします」


福士蒼汰主演のTBS系金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』(10月11日スタート、毎週金曜22:00~)の1話特別試写会&キャスト舞台挨拶が8日、都内で行われ、福士、菜々緒、桐谷健太、横浜流星が登壇。菜々緒が、横浜の“かわいいポンコツ”な一面を暴露した。

小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画を原作とするこのドラマは、福士演じる手を重ねた人の“死の運命”が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことと、菜々緒演じる命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。親の再婚を機に、沙羅と共にみことの義理の兄弟となった長男・廉を桐谷、末っ子・藍を横浜が演じる。

舞台挨拶では撮影エピソードをそれぞれ披露。菜々緒は「流星君が意外と、すごい“かわいいポンコツ”で、リハーサルのときに一生懸命になりすぎちゃって、自分のセリフを言いたかったみたいで、ほかの人のセリフにどんどん…ずっとセリフを言っていたのがすごいかわいくて」と横浜のエピソードを暴露し、会場から笑いが起こった。

さらに、「全然出番がないのにテクテク歩いて行って画面に映って、そこであきらめればいいのになぜか後ずさりして、けっこう天然なところがあって」というエピソードも語り、「クールなイメージがあったから、こんなかわいらしい子なんだって、キュンキュンします」と語った。

横浜演じる藍は料理好きで、料理を作るシーンが多く登場するが、横浜は「餃子のときも、餃子を作るのに集中しすぎてセリフを忘れて。すいません、2つのことをできるようにちゃんとします」と反省。桐谷から「芝居やからね」とツッコまれ、菜々緒から「頑張れー!」と応援されると、横浜は「頑張ります」と笑顔で返し、末っ子役と同様に可愛がられているようだった。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ