京都で東京三大どら焼きが食べ比べできるイベント『あんこ部 at 京都』の初開催が決定

SPICE

2019/10/8 12:41


11月2日(土)、日本あんこ協会 京都支部にて東京三大どら焼き食べ比べイベント『あんこ部 at京都』が開催される。

あんこ部は過去に東京三大豆大福食べ比べや、変り種あんこ食べ比べといったイベントを東京、名古屋を中心に全国で開催している。第33、34回目となる今回は京都で初開催となり、食べ比べするどら焼きは、 東京三大どら焼きと称される浅草の「亀十」、上野の「うさぎや」、東十条の「草月」を予定している。



京都は日本文化を代表する街であり、 京都の和菓子文化は茶の湯文化の興隆によって多彩な発展を遂げてきた。 文化の日の前日に日本の文化を彩る京都であんこ部を開催することで、京都の方々と「自由と平和を愛し、 文化をすすめる日」という文化の日の定義とともに、これからのあんこについて語り合うきっかけになればとのこと。



あんこは日本を代表する食文化。より多くの方々にあんこについて深い理解をもってもらうためには、 まず違いを知ることが重要であり有名あんこ菓子を食べ比べることで、あんこの素晴らしさを最大限に感じることができるイベントとなっている。

●あんこ部とは?●



あんこ部とは、 日本あんこ協会により組織されたあんこ部マネージャー陣が、 あんこファンなら必食のあんこ菓子を一度に調達し、 それらを部室(会場)にお持ち帰り、 部員(一般あんこファン)と皆で分けあい、 食べ比べを楽しみながら、 餡心満足の充実あん活ライフを楽しもうというイベントのこと。 あんこ部マネージャーは、 朝から各地の和菓子屋さんの前に並び、他のお客様の迷惑にならぬよう常識の範囲内であんこ菓子を購入。 持ち帰ったあんこ菓子を皆で一度に食べ比べ、 真においしいあんこ菓子を全員で楽しむお菓子系イベント。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ