子どもにいちばんお金がかかる時期はいつ? そして驚いた予想外の出費とは【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.54】

子どもが成長するにつれお金はどんどんかかりますね。
わが家は計画性もなにもなく4人の子を授かりましたので、上の3人(年齢が近い)が高校卒業後はそれはもう一気に! お金が出ていきました。

子どもに一番お金がかかるのは高校卒業後…!

わが家の子どもたちは専門学校や大学の学費や設備費などで年間100万円くらいかかりました。(国公立はちょっとお安い)
学校説明会などで学費などはわかりますが、入学後にさらに教材費や実習費、試験代などが別でかかったりすることも多々あり…ツラかったです。

さらに大きな出費が交通費…! わが家は1人年間15万円くらい。(1人暮らしをするとさらに家賃や生活費が…)そして服や靴、コンタクトレンズなど…。

もちろんアルバイトもしてくれますが、学ぶことが本分なのですべてを子どもが補うのは無理。
また車の運転免許取得や親知らずの抜歯、歯の矯正など、この年頃ならではの出費も!(わが家は運転免許は各自で費用払えるなら取りなさいということにしています)
まあ、とにかくウソみたいにお金が飛んでいくわけです。



子どもが就職すると親は子育てひと段落…ということでホッとします。

子どもへの出費ラッシュがいくらか落ち着いたころにやってきたのは…

嬉しくない自己投資が必要に…!


そうなんです…自分の身体のメンテナンスにお金がかかるお年頃になってました!!!
歯に限ったことではありませんが、まだまだ問題ないだろうと高をくくっていたところにお金がかかるようになってきます。(もちろん個人差はあるかと思いますが)

歯の詰め物は保険適用内で行えますが、説明聞くと、歯にはお金かけるべきだなって思ったり…するように。

また、親の介護が必要になる方の話もよく聞きます。

今年から幼児教育・保育の無償化もスタートになって、ちょっと羨ましいです。
子どもが大きくなると、教育費以外にもお金がかかることが増えます…! 将来のことを考えて家計管理しないと…ですね。
(じゃがいもころりん)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ