中居正広、「奈良でPayPay使えた」とディスる古市氏に反論

※画像は、『中居正広のニュースな会』公式Twitter より

 

10月5日放送の『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)では、消費税増税に伴って開始された「ポイント還元制度」(正式名称は「キャッシュレス・消費者還元事業」)の話題が取り上げられ、PayPay使用時のエピソードで奈良県をディスる古市憲寿氏を中居正広がイジってスタジオを笑わせる一幕があった。

 

「あの古市が?って思う」と奈良県民を代弁

 

中居が「(消費税)増税に合わせて政府からのポイント還元が始まったということですが、古市さんは何派でしたっけ?」と聞くと古市氏は「僕は現金一切使わないですね。まぁ極力使わないようにしてます」と返答。

 

さらに古市氏は「ただお寺とかに行くとお賽銭がやっぱりまだ現金でやるとこ多いじゃないですか。早く変えてほしいんですよ」と訴え、「(納める時)どうするの?(スマホアプリで)ピッてやるの?神様も聞いてくれないですよ、(そんな納め方での)お願い」と否定的な田中律子に、「お金はお金ですよ」とバッサリ。

 

次にスタジオには『何で使わないの?キャッシュレス決済。お得なお買い物術』と題したボードが用意され、島本真衣アナウンサーが「キャッシュレス決済にはクレジットカード・電子マネー・○○ペイがあり、中でも話題なのは〇〇ペイ」と紹介。

 

田中が「それが分からない。クレジットカードは使うけど」というと家電・iPhone芸人のかじがや卓哉が「一言で言うとスマホを使って行うキャッシュレス決済。PayPay・メルペイ・LINE Pay・Origami Payなど、20種類以上ある」と説明。ここで古市氏は突然「奈良県のタクシーでもPayPay使えたんですよ。あんな田舎の県でもPayPay使える……」と話し始め、まさかのディスりにざわつくスタジオに「奈良ですよ?奈良でも使えるんだなぁって思ってビックリして」と言い放つ。

 

これに中居は「それは東京に住んでるから『奈良は』と思うかもしれないですけど、奈良に住んでる人は『古市も』って思いますよ」と反論。さらに中居は「(奈良県民は)『あの古市が?』って思いますよ」とダメ押しし、スタジオは爆笑となった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ