木村拓哉主演『グランメゾン東京』三つ星レストランのシェフが料理監修


木村拓哉が主演を務めるTBS日曜劇場『グランメゾン東京』(10月20日スタート、毎週日曜21:00~)の料理監修に、12年連続でミシュランの三つ星を獲得している東京・品川のフレンチレストラン「カンテサンス」の岸田周三シェフが決定した。

木村演じる型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹は、料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するも、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまった男。どん底まで転落した尾花が鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。木村と鈴木のほか、メインキャストとして沢村一樹、玉森裕太、及川光博、尾上菊之助らの出演が発表されている。

このドラマを支えるもう一人の主役とも言えるのが「料理」。このたび、木村演じる尾花が作る料理の監修を、東京・品川のフレンチレストラン「カンテサンス」の岸田周三シェフが務めることが決定した。「カンテサンス」は2006年に開店し、その翌年の2007年に1年という異例の早さでミシュランの三つ星を獲得。以来12年連続でミシュランの三つ星を守り続けている。岸田氏がドラマの料理監修を担当するのは本作が初めて。岸田氏は「フランス料理、およびレストランがテーマということで、ドラマを通じて飲食業界に活気が出てくれたらいいなと思って協力させていただきました」と語る。木村をはじめ豪華俳優陣の競演を彩る、目にも鮮やかな料理の数々にも注目だ。

また、尾上菊之助演じる尾花のライバル、丹後学(たんご・まなぶ)がシェフを務めるフレンチレストラン「gaku」の料理を監修しているのは、東京・飯田橋のレストラン「INUA(イヌア)」のシェフ、トーマス・フレベル氏。「世界のベストレストラン50」でナンバーワンに4度も輝き、アリを食材に使用するなど独創的なメニューで世界的に有名なデンマークのレストラン「noma(ノーマ)」の遺伝子を受け継ぎ2018年にオープンしたばかりの今、話題のレストランだ。

これら日本の名だたるレストランの協力や、フランス・パリで最も予約が取れないことでも有名な超高級三つ星レストラン「ランブロワジー」など、世界最高峰のレストランの協力・監修することが実現したのは、同作にミシュランガイドの全面協力があるから。キャスト、ストーリーに加えて、視覚的要素も抜群のクオリティーとなる。

(C)TBS

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ