指原莉乃が仕掛けるアイドルプロデュース カメラ小僧専用席、握手会の衣装替えまで

指原莉乃は4月28日をもってHKT48を卒業して以降も、相変わらずタレントとしてバラエティ番組を中心に活躍を続けているが、実はアイドルプロデューサーとしての手腕もますます発揮しているようだ。指原莉乃がプロデュースを手がけて2017年に誕生したアイドルグループ「イコラブ」こと=LOVEの6枚目シングル『ズルいよ ズルいね』(10月30日リリース)について自身のSNSで解説しており、プロデューサーとしての熱い思いが伝わってくる。

イコラブの新曲『ズルいよ ズルいね』について10月4日、インスタで「初のがっつり失恋ソングです。女の子にぜひ聴いてほしいです」と紹介した指原莉乃。Twitterではさらに詳しく解説している。

デビューシングル『=LOVE』から5枚目シングル『探せ ダイヤモンドリリー』まで表題曲のセンターを務めてきた高松瞳が、体調不良により9月12日の公演をもって一時活動休止に入ったこともあり、本作では齊藤なぎさ(16)が初めて表題曲のセンターを務めた。

指原莉乃はTwitterで「今までだったら同じ切ない系でもこの曲にはしなかったと思います。なぎさの今の声、昔とは違うみんなの表現力があるからこそ完成した曲です!」という。歌詞は指原莉乃、作曲は長沢知亜紀と永野小織、編曲は湯浅篤によるが、どのような曲にするかイメージを固めるのはプロデューサーだ。

さらに指原莉乃は、従来のアイドル曲ではよくある全員で歌うパートを敢えて無くす試みに挑戦しており、「更に力がつくんじゃないかなあと楽しみです!」とメンバーのさらなる成長を見据えていた。

『ズルいよ ズルいね』への思いをつぶやいた指原莉乃は、お気に入りのフレーズなのだろう「幸せにはならないで~」と結んでいる。

フォロワーからは「幸せにはならないでのとこ本当めちゃ良い」「ここズルいよズルいね」と反響があったのをはじめ、「本当にみんな成長してるし歌割りも完璧に合ってました。とても完成度の高い作品を見せて頂きました。ありがとうございます」、「りのちゃん、天才 大好き 定期的にディナーショー開催希望します」といった称賛が寄せられている。

しかも作品だけでなく、続くツイートではイコラブの個別握手会でメンバーによって各部で衣装替えしているシステムを「年内までにしようかなと思っています」「メンバーの努力として認めてあげたいんですが、メンバーも皆さんもずっとお互い楽しく握手できるようにしたいので、休憩時間確保優先のためと思って理解していただけると嬉しいです」とアナウンスしており、様々なことに目を配っているのだ。

前述の高松瞳にとって一時休業前のラストステージとなった『=LOVE デビュー2周年記念コンサート』に足を運んだNHKエンタープライズ・石原真プロデューサーは、Twitterでイコラブのコンサートについて「客席の上下にはカメコ(カメラ小僧)専用席があって一眼レフでの撮影が可能。更に女性ファンも多い」と感心していた。そうしたシステムも指原プロデューサーが取り入れたのだという。

他にも=LOVEの姉妹グループである≠ME(ノットイコールミー)をプロデュースすれば、さらにHKT48の新公演『いま、月は満ちる』を全曲書き下ろしでプロデュースするとも宣言しており、今後も指原莉乃のプロデューサーとしての活躍に注目したい。

画像2枚目は『指原莉乃 2019年10月2日付Twitter「スタッフから高画質なぎさ(@saito_nagisa)送られてきたのでおすそ分けです。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ