「太る理由」は家庭にある? 江原啓之が断言する“家族の魔法の言葉”とは?

TOKYO FM+

2019/10/8 06:50

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、相談者が自分の体形に関する祖母のメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。



江原啓之

◆ふと自分が周りの子より大きめなことに気づき…
「ときは春分の日、予定日より1週間遅れて、丸々とした大きな赤ちゃんの私は産まれました。成長していくなか、小学生の高学年の頃、ふと自分が周りの子よりも大きめなことに気づいたので、祖母に相談したら“中学生になれば、部活を始めるだろうからきっと痩せるよ”となだめてくれました。

中学生活も残りわずかとなっても、私は絶好調に大きいままだったので、同じく祖母にまた聞くと“高校生になれば、年頃のお姉さんになるから痩せるよ”と、また優しくなだめてくれました。

案の定、高校生のときも思うように痩せる事はなく、そのままだった私に祖母は“大学は、遠い所にあるから通学で痩せる”と、この6年間ずっと私を励ましてくれました。

もう半ばダイエットを諦めていた大学生のとき、祖母は言いました。“歳を取れば嫌でも痩せる”。なるほどな、と納得いたしました」

◆江原からの“ことば”
「うまい!! この話にはおばあちゃんの“愛”が宿っている。こういうおばあちゃんの元にいたら、どんなことでも笑って、ケ・セラ・セラでしょうね。素晴らしいおばあちゃん!

たまに、海外ですごく太った人がダイエットで痩せた! などというテレビの特集などがありますが、太った理由には、必ず家族の魔法の言葉があるんですよね。“ぽっちゃりしていて可愛いよ!”“全然太って見えないよ!”という言葉(笑)。

それにしても、あなたの文章とても上手で、すごくセンスがあって才能がある! こういう方は作家になるといいのではないでしょうか。けれど、年を取れば痩せるのは本当ですね。私もやはり太らなくなったし、だんだん食べられなくなりました。

息子にも“もう食べられない”などと言うと“なんだか悲しくなってきた……”と言われてしまいました(笑)」

◆江原啓之 今夜の格言
「あなたはオーラを理解していますか?」
「善き言霊は、幸せの魔法です」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/oto/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ