岸井ゆきの、鼻血&気絶なしでディーンから「物足りなくない?」


女優の岸井ゆきのと三浦透子が、14日に放送されるフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』(毎週月曜21:00~)の第2話(※15分拡大)にゲスト出演する。

第2話は、ある女性の死を巡り、犯罪捜査専門コンサルタントの獅子雄(ディーン・フジオカ)と、敏腕弁護士の藍子(菅野美穂)による白熱の心理戦が展開される。ここで、藍子が所長を務めるダーリントン法律事務所の事務アルバイト・河本美沙役を岸井が、かつて藍子のクライアントだった女性・山下佐和子役を三浦が演じる。

『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』以来の共演となるディーンや当時のスタッフと久々に再会した岸井は「なんだか懐かしい気持ちで撮影することができました」と喜びを表現。さらに、『モンテ・クリスト伯』で鼻血を出し、泡を吹いて気絶するという強烈な演技を披露した岸井に対し、ディーンが「(今作の演技は)物足りなくない?(笑)」とジョークを交えて話しかけたことを明かした。今作の出演にあたり岸井は「人を守ろうとする思い、法律、犯罪…。色々なものが混ざり合った面白いストーリーになっています」とコメントを寄せている。

一方の三浦は「普通に生きていただけなのに、急に目の前の景色が変わったり、いつも側にいた人がいなくなったり、知らない場所に放り出されたり。ほとんどの人には起こらないことだけれど、でも明日起こるかもしれない。私が演じた山下佐和子は、そんな突然の運命に翻ろうされながらも、真剣に人生の変化と向き合おうとする女性です。どんな世界観のドラマに仕上がっているのか想像ができません」と話している。

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ