Hカップ大間乃トーコ、初の写真集 水着姿で「大間マグロのように売れたい」


グラビアアイドルの大間乃トーコが5日、東京・新宿の福家書店 新宿サブナード店で写真集『少女未遂』(発売中 2,727円税抜 東京ニュース通信社刊)の発売記念イベントを行った。

Hカップの迫力バストとベビーフェイスを武器に、昨年デビューしたグラビアアイドルの大間乃トーコ。そんな彼女の初めてとなる写真集は、"妄想集"と称して大間乃がセルフプロデュースしたもので、彼女が日頃妄想することを写真集に詰め込んでおり、昭和という時代やアングラ系世界観に惹かれるという大間乃が、セーラー服、ジャズ喫茶、古民家、銭湯などで溢れるエロティシズムを大胆に披露している。

水着姿でバストを揺らしながら報道陣の取材に応じた大間乃は「今回の写真集はセルフプロデュースということで、私の好きなモノや過去を引っくるめて私の頭の中を知ってもらえるような1冊に出来たのでうれしかったです」と初めての写真集に笑顔を見せて、「現在19歳なんですが、19歳って少女から大人に変わる中途半端な時期だと思うんです。過去とこれからのことを交えて、今の自分を表現するということで『少女未遂』というタイトルにしました」とタイトルに込めた意味を解説した。

写真集の全体的なイメージとしては「もともと少年漫画だったり昔の漫画本や曲とか昭和の時代が好きなんです。昭和をイメージしました」と紹介しながら、セクシーなショットを「お化粧を自分でして、鏡越しに撮ってもらった写真です。これが一番色気が出ていると思いますよ」とアピールした。

デビューから1年が経過した大間乃。「やっぱりまだ自分がグラビアの仕事をすることに実感が湧きませんが、仕事が楽しかった1年でしたね」と振り返り、「(出身の)青森にちなんだ名前にしようかと思い、"大間マグロ"とかけて大間乃トーコになりました。大間まぐろみたいにすごく売れるようになりたいです」と意欲。そんな彼女にどんな時に妄想するかを問うと「現実逃避したくなった時ややってられないと思った時に妄想します。妄想している時って幸せな気分になるんですよ。幸せになりたい時とかに妄想してますね」と答えていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ