ギャルママ、中3長男の部屋を見て反省 「口うるさく言っちゃうけど…」

しらべぇ

2019/10/7 19:20

(画像は日菜あこInstagramのスクリーンショット)
子供のことを思うがゆえに、口うるさく言ってしまうのが親の性。だが、ときにそれを反省することもあるだろう。

元カリスマギャルモデルで、3児の育児の様子を綴ったブログが人気を集める心育児研究家・日菜あこが、5日に更新したブログ記事が注目を集めている。

■小さなことから言い合いに


現在、中3の長男、中1の長女、小5の次女の3人の子供を育てている、シングルマザーの日菜。この日は長男との間に起こった、部屋の掃除に関するエピソードを綴る。

「部屋を片付けないとお小遣いが貰えない」ルールがあるという日菜家。「部屋片付けたからお小遣い頂戴!」とねだってきた長男に「テスト終わったからって気抜いてたらダメだよ! もう次の期末に向けて勉強しなきゃ!」と小言を言ったところ、思春期な息子は「言われなくてもわかってる!」と若干キレ気味な返答だった。

そして、互いに「内申上がんなかったら(行きたい高校に)行けないんだから!」「うるさいな! 早く頂戴!」と言い合ったのち、お小遣いを渡した日菜。その後、本当に掃除したのか確認するために長男の部屋に行ったところ、壁に1枚の紙が貼ってあることに気づく。


関連記事:ギャルママ、反抗期迎えた中3息子の行動に涙 「ふと見ると…」

■壁の紙に深く反省


そこには「Vゼミを1つもさぼらずやりきる」「自立性を高める」「英、国、理を1上げる」等、内申を上げることや塾に関する目標が書いてあったのだ。

これを目にした日菜は「ちゃんと息子なりに考えてたことを知りました」とコメント。

「男の子って詳しく色々話さないからついつい口うるさく言っちゃうけど…」としながらも、「辛いのも、苦しいのも私じゃなくて本人。だからこそそのがんばりを認めて褒めるのが私の役目で…指示なんて必要ないのかもな」と「深く反省」したことを明かした。

■「スゴイ」と称賛の声


目標に向かって努力するのは容易なことではない。とくに娯楽が多い現代、子供たちはかつてないほどの自制心を要求されるはず。それを知っているのか、読者からは「スゴイ」など称賛の声が寄せられることに。

「だから人は努力する!! それがわかって夢を追いかけてる人はいつかその夢が叶います。幸せが訪れますように」


「凄いと思います。ちゃんと文字に残してるてことが! 想いを書き留めることが大事だと思います。私もなるべく口出しはしないようにしてます。が、ほったらかしてたらテスト、ボロボロでしたが。笑」

■お母さんの点数は平均「6.54点」


育児や日々の生活についてユーモラスに綴っている日菜。思春期の子供たちと衝突することもあるようだが、すべては愛ゆえ。子供たちも彼女の存在に感謝していることだろう。

ちなみに、しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,340名を対象に、「あなたのお母さんは10点満点で何点か?」調査を実施。その結果、満点と答えたのは全体の約2割だった。



努力を重ねている、日菜の長男の目標が叶う日が来るのを願いたい。

・合わせて読みたい→電車の中で“他人のフリ”をする思春期の息子 その後の行動に母は感動

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,340名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ