井上真央、寅さんの母役で割烹着姿に自信「“ベスト・オブ・割烹着”目指す」


女優の井上真央が7日、東京・渋谷のNHKで行われた土曜ドラマ『少年寅次郎』(10月19日スタート、NHK総合 毎週土曜21:00~21:49 ※全5回)の試写会に、毎熊克哉、泉澤祐希、岸井ゆきの、藤原颯音らとともに出席した。

同ドラマは、国民的映画『男はつらいよ』の主人公である車寅次郎の少年時代を描いた物語。寅次郎の育ての母・光子を演じた井上は「初めて見た映画が『男はつらいよ』。シリーズ50周年でこういう形で携われると思ってなかったのでとてもうれしく思いました」と喜びを語った。

そして、「寅さんファンの方もそうでない世代の方も楽しめる作品になっていると思います。ぜひ家族で食卓を囲んで『ダメだね~』と言いながら笑って泣いて見ていただきたい」とアピール。「私もこの作品で、“ベスト・オブ・割烹着”を目指しています。そのくらい割烹着を着倒していますので、そこにも注目していただけたら」と割烹着姿に自信を見せた。

試写会には、光子の夫で団子屋・くるまやを営む車家の長男・平造役の毎熊克哉、車家の次男・竜造役の泉澤祐希、竜造の妻・つね役の岸井ゆきの、寅次郎役の藤原颯音も登場。井上は、寅次郎役の藤原を見ながら「本当に寅ちゃんも可愛くて、子供たちの笑顔も素敵で」と母親の顔を見せた。

また、好きなシーンを聞かれると「基本的にセットに感動しました。ちゃぶ台をみんなで囲んでいるシーンはどれも楽しかったです。小さいことでケンカしたり泣いたり、あの食卓のシーンは好きですね」と振り返った。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ