秋の味覚を食べて、美しくダイエットするコツとは


サニーヘルスはこのほど、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」にて、調査レポート『秋の味覚でおいしくダイエット!』を公開した。

秋は「食欲の秋」と言われるが、これには体の機能的な理由があり、夏バテしていた消化器官が回復し活発になるからであるという。秋の味覚には、ダイエットには必須の栄養素・タンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているため、上手に利用するとよいとのこと。

秋の味覚の代表格「さんま」には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)という栄養素が含まれている。魚の脂にしか含まれていない脂肪酸だが、脂肪として体に付きにくいため、ダイエット中に適した食材とのこと。カリウム、ビタミンA・D、鉄分なども摂取できる。

きのこは低カロリーかつ食物繊維が豊富で、ダイエット中には欠かせない食材であるとのこと。そのほか、ビタミンB1・B2も豊富に含まれている。しいたけには、ビタミンDが多く含まれているので、カルシウムの吸収を助け、骨粗しょう症の予防にも効果的と考えられている。

栗は、カリウムが豊富な食材とのこと。血を作る葉酸も含まれているため、貧血予防になるほか、葉酸を多く必要とする妊婦にも適している。また、美肌に欠かせない食物繊維、ビタミンC、疲労回復に役立つビタミンB1、細胞の成長を促進し老化防止するビタミンB2、アミノ酸の合成や代謝に必要なビタミンB6も豊富だという。

さらに詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事『秋の味覚でおいしくダイエット!』で案内している。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ