Interview with Tash Sultana about “Flow State”/タッシュ・サルタナ『フロー・ステイト』来日インタビュー

NeoL

2019/10/7 17:00



ギターを筆頭に、ドラムやホーンなどたったひとりで数多くの楽器を演奏しながら、その身体のどこから湧き出るのだろうか?信じられないほどのエネルギーを発し、そこにいるオーディエンスはもちろん、さらに動画配信された世界中でも大きな衝撃をもたらした、サマーソニックでのタッシュ・サルタナ。その壮絶で衝撃的なパフォーマンス直後に、音楽への思い、さらに生きざまに迫った。(→ in English)

──SUMMER SONICのステージはいかがでしたか?SNSのトレンドワード入りをするほどの大反響でしたが。

Tash「大阪での公演が台風の影響でキャンセルしてしまったので、そこでの思いも込めてパフォーマンスをしたから、それが多くの人に届いたということになるんでしょうか」

──ステージ上では、いろんな楽器をひとりで駆使してパフォーマンスする姿が、とても印象的でした。またそのどれもが、CDなどの音源とは異なる音になっていましたね。

Tash「スタジオでは、後でいろんな音を重ねることができるけど、ライヴではその場で、今自分が表現したいことすべてをみなさんに聴いてほしいという思いが強いから、自然と異なるものに変化していくんです」

──一体どれくらいの楽器を駆使できるのですか?

Tash「ピアノやマンドリン、ドラム、シタール、フルート……、この世にあるすべての楽器を演奏できたらと思っている。幸い、私はまだ若いから、できるものをどんどん増やしていけたらって」



──でも、すべての楽器のベースにあるのはギターだと思いますが、どういうきっかけで手にするようになったのですか?

Tash「3歳の頃に、祖父から譲り受けたものがきっかけ。そこから、一生懸命練習していくうちに、入れたいなと思う楽器をどんどんプラスさせていったら、今に至ったという感じ。だから、すべての楽器における基盤がギターなんです」

──ギターを弾くにあたってのこだわりは?

Tash「テクニックはもちろん大切。活動し始めた頃は、それを見せびらかすことにただ興奮していて。でも、後々映像などを見て確認すると、独りよがりだったなと思います。今は、もっと落ち着きを持って演奏しなくてはいけないと、一生懸命練習しているところですね」

──あなたは元々、地元メルボルンのストリートでライヴをしていたのがキャリアの始まりと聞きました。

Tash「そう。もう随分前の話になるけど。あそこで経験したすべては、今の私にとってとても大切なものになっています」

──特に印象深い思い出は?

Tash「ホームレスの人とかとも仲良くなった。彼らのトイレに付き添ってあげたり、食事を与えたりなど、音楽以外の交流をして、人との結びつきの大切さを学んだんです」

──ひとりでそんな場所でパフォーマンスすることに、不安はなかった?

Tash「確かに怖いこともあったけど、楽しかった。ひとりで路上パフォーマンスするということは、すべての責任を自分で追わなくてはいけないというリスクもあるけど、そこで会得した度胸によって、今ではどんな場所でもとても穏やかな気持ちでパフォーマンスできるようになりました」



──今では、サマソニをはじめ、数千人、数万人を前にパフォーマンスをしていますが、ストリートでライヴをしていた頃と比べて心境に変化は?

Tash「今振り返ると、状況は全く異なるんだけど、その都度目の前にいる人を興奮させることだけ考えているから、そんなに変化はないかな」

──緊張はしない?

Tash「もちろんしますよ。大勢の人の前で演奏するということは、それだけの期待に応えなくてはいけないというプレッシャーがある。でも、今はお酒やタバコもやめたから、とても穏やかな気持ちで臨むことができています」

──また、演奏力だけでなくその声も魅力的ですよね。ステージ上では飛び跳ねたりしてワイルドな印象ですけど、声を出すととても繊細というか。

Tash「たまには、叫んだりキンキンな声を出して歌うこともあるけど(笑)。ヴォーカリストとしてもまだまだと思う。でも、見た目と声にギャップがあるとよく言われますね」

──そのギャップもまた魅力。

Tash「だから時々、口パクじゃないか?って疑われることもあって(苦笑)」

──では歌詞に関しては、どういうこだわりを持っているのですか?

Tash「私そのものを表現したいと思っています。聴いた人が少しでも共感していただけるようなストーリーにして」



──7月に日本でもアルバム『フロー・ステイト』が発売。これはどんな思いを込めて制作?

Tash「フローな状態と言うのかな。自分を解き放った瞬間、つまり周りの環境や思惑などすべてを取り払って見えた景色を表現した作品なんです」

──オーストラリアでは、このアルバムが発売されて1年が経過しました。その間いろんな経験をしてみて、このアルバムに対する思いに変化は?

Tash「ライヴでは、常にこの収録曲をアレンジを加えて演奏しているから、いつも感じる風景が異なります」

──では今はどんな気分?どんな音を刻みたいですか?

Tash「成長している自分を表現したいだけ。今回のサマソニも含め、私は日々たくさんの刺激を受けている。それを通じて成長している姿を、音に刻みつけていきたい」

──リスナーには、あなたの音楽から何を感じてほしい?

Tash「ポジティヴなメッセージかな。どんなこともできるっていう」

──例えば、同世代の女性に向けてならば、何を伝えたい?

Tash「ちょっと待って。女性とか性別でカテゴリーをするのって、ちょっと違うと思う。私たちは、その前に『人間』なんだから」

──わかりました。では、同世代の人に対してどんなメッセージを伝えたいですか。

Tash「とにかく冷静に自分の周囲を見てほしい。SNSなどの情報に惑わされることなく、自分がどういう生き方をすべきなのかじっくり考える時間を作ってほしい。その助けに自分の音楽がなれば幸いです」



photography Yosuke Toriitext Takahisa Matsunagaedit Ryoko Kuwahara


タッシュ・サルタナアルバム『フロー・ステイト(ジャパン・エディション)』ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売中https://www.sonymusic.co.jp/artist/TashSultana/

PROFILE1995年オーストラリア・メルボルン生まれ。08年から<Mindpilot>というバンドに所属後、16年頃よりソロ始動。地元のストリート・ライヴで実力を磨き、17年3月にEP『Notion』をリリース 。 収録曲「Jungle」がオーストラリアチャート39位を記録。翌年アルバム『Flow State』を発表、母国オーストラリア・アルバムチャート2位を記録し、地元の最も権威のある音楽賞と呼ばれる<ARIAミュージック・アワード>において最優秀ブルース&ルーツ・アルバム賞を獲得した。

(This interview is available in English)


――Do you know that you are on twitter trend?

Tash : I just read that.

―― How would you like your show?

Tash : I love that.I played yesterday in Osaka.I put everything into today.

―― Listen to your music on CD, actually listen on the show was totally different

Tash : It is difficult to be able to do everything you can do in the video all in once. But I think I tried to take bring it life. because in the studio you can do whatever you can make sound however, you cannot do a lot. I think in the live I give energy.

―― You have been playing a lot of instruments today. How about usually? How many instruments do you usually play on the live show?

Tash : Pretty much everything that you have seen. Saxophone, bassoon a lot of pan pipes, sometimes electronic drum kids.

――Actually, how many musical instruments can you play?

Tash : Obviously, I`m still learning everything one. Piano, keyboard, percussion drum, cithare mandolin, flutes, pan pipes, a little bit of Saxophone, trumpet, guitar, base and making beats.I have been trying to how fun I can play. I do not master them. I’m just learning I want to learn more as much as possible because I am young and my life is long.



―― Among those instruments, basically you’re a guitar player. How did you pick up the guitar initially and How did you get to focus on your music?

Tash : My grand father gave me the guitar when I was three years old. I started learning and to play them. When I got a little bit older, I wanna play more instruments and started to play piano, base drum and, guitar. Base drum and, guitar are played by your ear. I pick up trumpet sound, tuning the guitar I play.

―― What is the important aspect as a guitar player?

Tash : Technique. I wasn’t very happy with my techniques when I watched my show on the back. I was playing too rush because when I was in stage, I was so excited But I think I need to slow down and carefully and tried to do that. Now, I practice every single day for getting better.

―― You’ve been busked in Melbourne. Did you get something there?

Tash : Everything.

―― What is the most memorable experience for you?

Tash : All of it. I think the special part is that there are a lot of homeless people. When you buskin, they come and watch it because they usually don’t think positively any happenings in the day usually. These people are really bad luck. We used to buy lunch for them , pay them and look after toilets. I think the best part is the bunch of such people who everyone ignored. That’s was special.

ーー Weren’t you afraid to be on the stage by your stuff alone?

Tash : I’m fine.

ーー Never had any fear?

Tash : It was Very stressful sometimes. Alone up there. Everything has to be perfect. I cannot rely on anybody on the stage. I just really have to focus on the guitar ,base drum beat box, singing , trumpet. You gotta get on the stage with calm. When I play now, I really calm. if you feel stress, fuck it up.



―― Now you’ve been in front of thousands people in some festivals. Look back, when you are on the street, few people listen here. Did you feel anything different between look back and now?

Tash if I look at the cloud now, I feel like fuck it up so many people. To me when I was busking, I also feel like fuck so many people, which was even just 30 or 40 people. I have same feeling in both of now and look back.

―― Do you get nervous on the stage now?

Tash : Of course. I think that bigger show gets more pressure you really have. A year ago, I never got stress and nervous but I do now because it is so much more people now.I don`t want people to feel disappoint. Stop smoking and stop drinking. I’m just sober. I focus on the best music that I can play.

―― When you play musical instruments, you are wild. At the same time, you seem very different style in singing.

Tash : I can go wild and yell and glow. I can go really hard or soft. It depends on the song. I never used to sing really badly.

―― He feels your sounds like Bijork.

Tash : I don’t make sounds like the way I look. The voice when I am talking and the sound in singing is totally different.

―― The gap is also interesting

Tash : People say that I don’t think you gonna make such sound like that. In Australia, we would say that I am bogan which is kind of really rough person. When people see my voice, everyone makes no sense.

―― Do you have any specific themes of your lyric?

Tash : It is the story of me, time that I had and people that I met or know.I wrote the thing that happened in the past.



―― Your new album “Flow state” just came out a year ago in Japan. With the album, do you have any particular theme or story?

Tash : The concept is “feeling”. When you go to on flow, you forget the concept of time and thought and you just become presently in the flow or your state, which means not feel just free.

―― Since you released the album, when you travel around with music of the album, did you find something different meaning for the album?

Tash : I play things differently in live. When I released the album to now, Every night I want to play differently. Because I don’t feel the same everyday. If people hear the song same, then fuck listen to on your phone. I change every day with my music I want to fit the day. Sometimes l play faster or slow.

―― Do you have the particular style of music when you produce right now or any messages?

Tash : Honestly, I’m young and just growing up. I’m happy with my career ,my family ,my partner and being in Japan. I don’t know which ways I gonna go. Doesn’t matter.

―― Do you have some message through your music to listeners.

Tash : I wouldn’t say that I have a message through my music because I’m playing songs mostly for myself. I write music because that’s what I need to do for me. People listen to it because it is connected to it. I just try to live positive and footprint on the earth. I just want to make people feel positive. The best is they can feel positive. That’s why I try to do.

―― Would you like to say something to people who are around your age?

Tash : There is a really beautiful thing in life. Looking at people who are around you who are older than you because every year you get a little older, you realize what life means. It’s not about superficial, social media, fashion, trends and likes. It’s not push about, it’s life. I’m thinking generation people are forgetting how to be alive. In real time, put the phone down, I live. When I play instrument, that’s best thing to do. Go surfing on, writing a journal, go to the park take your shoes off and get on grass. Get off your fucking phone.

――Thank you.



photography Yosuke Toriitext Takahisa Matsunagaedit Ryoko Kuwahara

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ