山里×若林『たりないふたり』ライブ、“打ち合わせゼロ”で本番へ


お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太とオードリーの若林正恭によるライブ『さよなら たりないふたり ~みなとみらいであいましょう~』(11月3日、横浜ランドマークタワーホール)の詳細が7日、発表された。

9月に突然の若林のツイートにより動き出した『たりないふたり』。山里が止めるのも聞かず、若林による匂わせツイートにより、ライブの開催が明らかになってしまい、先日急きょ、ライブタイトル、メインビジュアル、開催日、会場のみが発表された。

そして今回、チケットぴあで、10日12時から先行抽選、12日から一般先着販売を開始することが決定。SNSでは一般先着と告知されていたが、急きょ抽選が追加となった。また、ライブビューイングはイープラスで12日から抽選販売を開始する。

料金は、ライブが5,940円、ライブビューイングが3,000円(いずれも税込)となる。

さらに、今回のライブが“打ち合わせ時間”が足りないことが判明。Twitterで「そんなことより山ちゃんレギュラー16本でライブもあるから忙しくて会える日が無いらしいよ。11月3日まで一緒に住んでもいい? 文責 若林」「他の解決策を探してくれないか?(中略)そして、時間がないのはそっちもでしょ? 何か方法はないかね? 文責 山里」と内情を勝手にツイートしていたが、調整を続けた結果、多忙を極める2人のスケジュールが合わないことが決定的に。本番まで一切の打ち合わせをすることなく漫才ライブに臨むことが決定した。

これまでの『たりないふたり』では、1つのテーマを元に2人の足りない部分を掘り下げたのちに、即興漫才を展開。あれから5年が経ち、“打ち合わせゼロ”という状況に置かれた2人は、無事に漫才を披露することができるのか…。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ