赤澤遼太郎「僕たちの夢の始まり」 北川尚弥「自分自身と重ねながら楽しんで」

テレビファン

2019/10/7 14:46


 映画『先生から』公開記念舞台あいさつと囲み取材が5日、東京都内で行われ、出演者の赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹ほかが登壇した。

本作は「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」の三つのパートで構成された長編映画。赤澤、北川、立石、田鶴翔吾、小早川俊輔ら、舞台を中心に活動する俳優たちが映画初出演を果たし、新たな一面を見せる。

主人公で作家志望の真北直史を演じた赤澤は「1年ぐらい前に撮影したのですが、本当にあっという間でした。早く自分で映画館に足を運んで見たいです」と語った。

作家・小宮久作の若かりし頃を演じた北川は「全体を通して、一つのものに没頭し、同じ目標を持った仲間と切磋琢磨(せっさたくま)し合って成長していく姿を見られるところがポイント。ぜひ自分自身と重ねながら楽しんでいただけたら」とアピールした。

ホストの間宮康作役の立石は「シリアスなシーンが続く中、僕の登場シーンは“和ませる要素”が含まれているので、そこに注目です。ホスト探偵である僕が事情を知り、物語が展開していくシーンや、それをきっかけにそれぞれが動いていくところが面白いと感じました」と作品について語った。

最後に赤澤は「初めての挑戦はこの作品しかありません。この記念すべき第一歩を皆さまと共有できるのがうれしい。ぜひ僕たちの夢の始まりである映画を劇場で見ていただけたら」と呼び掛けて締めくくった。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ