井出卓也と福山桜子(脚本・演出)がタッグを組む一人芝居『BLACK SHEEP』が10/12(土)より一般発売開始

SPICE

2019/10/7 13:53



2019年12月12日(木)~15日(日)までWoody Theatre 中目黒にて上演される一人芝居『BLACK SHEEP』の一般発売が10月12日(土)13時より開始される。

一人芝居『BLACK SHEEP』は、「自分は実は普通」「自分は実は普通じゃない」「みんなと同じ」「みんなと違うのは怖い」、誰しもがふと考える「自分の物語」。出演は幼少期から芸能活動を続け、近年ではラッパーとしても活躍する俳優・井出卓也。井出はニコニコ生放送にて毎月一人芝居を生放送中。家庭教師、スーパーヒーロー、ヒモなどのキャラクターを、詳細の光るリアルな演技で演じ分け、出演者が一人とは思えないエンターテイメントを届けてきた。脚本・演出は、この夏話題となった舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で翻訳・演出をつとめた福山桜子が担当。井出卓也と福山桜子は、2013年ミュージカル『黒執事~千の魂と堕ちた死神』、2017年・2019年『Fate Grand Order THE STAGE』などでタッグを組んでおり、完全オリジナルである本作では、言葉に深いこだわりを持つ2人の生み出す世界観が展開する。舞台美術は第44回伊藤熹朔賞を受賞、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、『Fate Grand Order THE STAGE』などでも福山と共鳴する美術家・松生綋子

一人芝居『BLACK SHEEP』~INTRODUCTION


たくさんの真っ白の羊たちの中に一匹だけいる黒い羊。
よくもわるくも、とても、目立つ。
でも黒い羊は、周りが全部白いので、自分が黒いとは気づかない。
でも白い羊は、黒い羊だけ黒いので、怖がり、疑い、戦おうとする。
実際、黒い羊が、白い羊と違うところは、色が黒いというだけなのだけれど。
最初は、それだけだったのだけれど。
あなたは、白い?それとも、黒い?
それとも・・・?

<black sheep [bláck shéep]>
名詞(可算名詞)<<複数形>>black sheep
(家族・仲間の)厄介もの、つらよごし、恥さらし、持て余しもの。変わりもの。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ