『欅って、書けない?』欅坂46東京ドーム公演にファン“改めて”興奮「鳥肌」「泣く」

クランクイン!

2019/10/7 11:27

 欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京/毎週日曜24時35分)が6日に放送され、9月18日、19日に東京ドームで行われた「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019」東京ドーム公演の模様が紹介された。欅坂46メンバーの圧巻のパフォーマンスが映し出されると、視聴者からネット上には「これは事件」「凄すぎて泣く」「鳥肌もん」など興奮の声が飛び交った。

この日の放送では、「ガラスを割れ!」「サイレントマジョリティー」やライブで盛り上がること必至の人気曲「危なっかしい計画」など、ライブでのパフォーマンスの様子が放送された。「危なっかしい計画」では、曲の前にメンバーが“煽(あお)り”をすることが定番となっているが、2期生・森田ひかるの「東京ドーム1日目! もっともっと盛り上がれ!」や1期生・小林由依の「お前らついて来いよ!」といった迫力の“煽り”には「ゆいぽんさいこぉぉぉおおおお!!!」などの反響が寄せられた。

中でも最も反響が多かったのがアンコールで1年9ヵ月ぶりに披露された「不協和音」。まさに爆発するような観客の盛り上がりが映し出されると、「これは事件です」「もはや歓声というより悲鳴」「鳥肌」といった声や、“僕は嫌だ!”を披露した平手友梨奈や、2期生の田村保乃に「ほのちゃんの僕は嫌だが凄すぎてもう泣くわ」といった称賛が寄せられた。また実際にライブに参戦したファンからは、「とんでもない状況だった」「東京ドームがガチで揺れた」「本当にライブに行ってよかった!」など深夜の放送にもかかわらず、興奮の声が多数上がっていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ