佐久間由衣、体調不良で降板の高橋ひかるの代役に「全て捧げる」


女優の佐久間由衣が、日本テレビ系ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(13日スタート、毎週日曜22:30~)に、体調不良で降板した高橋ひかるに代わって出演することが7日、明らかになった。

直前数カ月の記憶を失っていた主人公・遊佐清春(賀来賢人)が森の中で目を覚ますと、右手に拳銃を握っていて、横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)が死んでいた…という衝撃シーンから始まる同ドラマ。主役を含めた刑事全員が容疑者となり、やがて未解決の「十億円強奪事件」の真相へつながっていく。

佐久間が演じるのは、ヤンチャな友人と日々遊び歩くワケアリ女子・本城芹奈。悪い友人たちから重宝されるが、それは、父親(篠井英介)が警察の幹部であるからだった。事件とは無縁のように見えるが、実は人知れず重大な秘密を抱えていた…という役どころだ。

佐久間は「限られた時間の中ではありますが、役柄として自分にできることは全て捧げ、ウソなく大切に演じ切りたいと思っております」とコメントしている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ