最近「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」を買った人は要チェック。電源が入らなくなる不具合の修理プログラムがスタート

191007_iphone_6s_6s_plus_no_power_issues_program
Image: Gizmodo US

クリティカルな不具合、でも対象は…少ないかも。

製品の不具合を無償で修理するApple(アップル)の修理プログラムに、新たにiPhoneに向けたものが発表されました。

不具合の内容は、特定のiPhone 6s や iPhone 6s Plusで電源が入らなくなる可能性があるようです。この影響が確認されているのは、2018年10月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみとのこと。

自分のiPhoneが対象かどうかは、こちらのページで確認できますよ。もし対象だった場合は無償で修理となります。

僕も手持ちのiPhone 6s Plusを持っているので、確認してみたらプログラムの対象外でした。よくよく考えてみれば、iPhone 6sシリーズって発売日は2015年の9月ですし、対象の製造期間を考えると、1年以内にiPhone 6sを購入したユーザーということになります。

ふむ……。不具合の深刻度は高いけど、対象ユーザーはそこまで多くはなさそうですね。でも、電源が入らなくなるって深刻だし、心当たりのある方は確認してみましょう。

Source: Apple

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ