Hey! Say! JUMP、日本代表としてアジア太平洋地域の歌の祭典に出演


11月19日に東京・NHKホールで開催されるアジア太平洋地域の歌の祭典『ABUソングフェスティバル』の司会者と出演者が7日、発表された。

同イベントは、10近くの国のトップアーティストが一堂に会し、国際色豊かな楽曲を披露し合う歌の祭典。視聴可能人口20億人超となるこの大型音楽番組の司会は、NHKワールドJAPANで放送中の『SONGS OF TOKYO』のホストを務める関ジャニ∞村上信五に決定した。

また、日本代表アーティストとしてHey! Say! JUMPの出場が決定。海外からは、TWICEはじめ、各国を代表するアーティストたちが参加する。さらに、「パプリカ」で大人気のFoorin、そして世界的音楽家・久石譲氏が特別出演する。

この模様は、総合テレビ、BSプレミアム、BS8Kで放送されるほか、NHKワールドJAPANで世界に向けて発信される。観覧募集は、7日10時よりWEB上で開始。

■出演予定

司会 村上信五(関ジャニ∞)、杉浦友紀アナウンサー

Adelino Da Silva(施連奴)【マカオ】
A. R. Rahman【インド】
Dan Sultan【オーストラリア】
Dimash Kudaibergen【カザフスタン】
Hanin Dhiya【インドネシア】
Hey! Say! JUMP【日本】
Hoang Thuy Linh【ベトナム】
Mustafa Sandal【トルコ】
TWICE【韓国】
ほか(アルファベット順)

特別出演 久石譲(演奏 東京フィルハーモニー交響楽団)、Foorin

(C)NHK

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ