福岡市地下鉄、各種乗車券を「LINE Pay」などで購入可能に 10月7日から

Traicy

2019/10/7 10:25

福岡市地下鉄では、10月7日より、地下鉄の定期券うりばで、「LINE Pay」等の二次元バーコード決済を利用して各種乗車券を購入できるサービスを始める。

対応するのは、LINE Payと韓国のNAVER Pay、中国のWeChat Payで、取扱場所は姪浜・西新・貝塚・別府・博多・天神の各駅。購入できるのは、訪日外国人専用乗車券、各種1日乗車券、各種回数券、その他乗車券(団体乗車券等)で、定期券については、サービス開始と同時の導入を一旦見送るとしている。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ