Deep Purpleの名フレーズに香取慎吾”Katt”が奇声で呼応! 楽器屋で氣志團とまさかのセッション

AbemaTIMES

2019/10/7 08:00



 10月6日、AbemaTVで放送された「7.2 新しい別の窓 #19」の中で稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が氣志團の綾小路翔、西園寺瞳と共に東京・渋谷にある楽器屋を訪問。西園寺が試し弾きしたGIBSON社のエレキギターでDeep Purple「Smoke on the Water」のリフを奏でると、香取慎吾が”Katt”の奇声で呼応する場面があった。

この日、草なぎが新たなお気に入りのギターを見つけるべく、5人は楽器屋へと足を運んだ。エレキギターが気になっているという草なぎはFender社のあるストラトキャスターを指差しながら「これかっこいいじゃないですか」と感想を漏らす。実際にそのギターを試し弾きしてみる展開になると、西園寺も気になったという黒のレスポールを構えた。




 両者はエレキギターを弾きながら、ギター談義に花を咲かせていると、綾小路が「やっぱり、Deep Purpleのあのフレーズを弾いた方がいいんじゃないの?」と西園寺にリクエストする。これに西園寺が”ジャッ ジャッ ジャー”と「Smoke on the Water」のイントロを弾いてみせると、香取はノリノリでステップを踏んだ後に自身のキャラクター”Katt”の「アー!」という奇声を発するという奇天烈なパフォーマンスを見せていた。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ