古川雄輝「“変顔”を披露している」 中国で配信ドラマPR


俳優の古川雄輝が6日、中国・上海で行われた大手配信プラットフォーム「bilibili」が主催するイベント『bilibili world 2019』に自身が主演を務める日中同時配信ドラマ『LINEの答えあわせ ~男と女の勘違い~』をPRした。

中国では「男神(憧れの男性)」と呼ばれるほど人気の古川。中国でのイベントは3年ぶりで、会場に集まった1,000人を超えるファンが熱狂した。

古川が「こんにちは、古川雄輝です」と中国語であいさつすると悲鳴をあげるファンも多く、古川は「中国のファンの皆さまにも久しぶりにお会いできて本当にうれしく思っています。ぜひこの作品を楽しんでください」と呼びかけた。

さらに、古川は「本作がラブコメディということで今まで見せたことのない“変顔”を披露している」と予告したほか、「LINEはすぐ返信せずに、時間をおいてから返信することで、メッセージのやり取りを少しずつ毎日することができて、やり取りも続く」と自身のLINE経験談なども明かした。

会場では、古川と共に同作に出演する主要キャストも追加発表。大西礼芳がアパレルのプレスを演じることをはじめ、黒羽麻璃央が外資系商社マン、筧美和子が等身大のモデル、和田正人が気鋭のシェフ、眞島秀和が恋愛小説家、坂井真紀がドラマのプロデューサーを演じる。

大西は「思い思われ、一喜一憂する登場人物たちの送り合うLINEの真意を探ってみてください」、黒羽は「何気ないLINEのやり取りで相手を引かせてしまったりポイントがアップしたりと視聴者の皆さまが『分かる!分かる!』ってなるところが多数あると思います」、筧は「様々な方との出会いを重ねて変化していく沙羅の姿を丁寧に楽しんで演じていきたいと思います」、和田は「恋愛事情にもめっきり疎くなったお年頃。本当に私でいいのか!?と思うこともありましたが、やると決めた以上、絶対にキャスティングミスとは言わせません」、眞島は「恋愛物としてだったり、コメディーとしてであったり、『LINE』のあるあるを楽しんでください!」、坂井は「見てくださる方々の胸がワクワクするような作品になればいいなと思い、撮影に臨んでおります。素敵な作品になるよう頑張ります」とそれぞれコメントしている。

このドラマは、東京カレンダーWEBで2017年から連載された『LINEの答えあわせ』を実写化するもの。東京のとある“1日料理教室”で出会った「ITベンチャー社長」「外資系商社マン」「恋愛小説家」「気鋭のシェフ」「アパレルプレス」「モデル」「TVドラマプロデューサー」という男女7人を中心に繰り広げられるLINEにまつわる恋愛模様を、男性側・女性側それぞれの目線から語り、そのエピソードから恋愛を成功に導くヒントを指南するという“恋愛実践トレーニングドラマ”となっている。

(C)2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ