八嶋智人、“20年後のサザエさん”でノリスケ役!「親近感があったので嬉しかった」

テレビドガッチ

2019/10/7 06:00

11月24日(日)20時から放送されるスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)で、八嶋智人が20年後の波野ノリスケ(46歳)を演じることが分かった。

今年10月にアニメ放送50周年を迎え、いつの時代も日曜の日本を笑顔にし続けてきた磯野家。本作では、天海祐希主演で、“日本一有名な家族”であるサザエさん一家のこれまで一度も描かれたことのない20年後をオリジナルストーリーで描く。

アニメで描かれる世界から20年が経ち、カツオ(31歳/濱田岳)は野球選手、漫画家など、夢見ては挫折を繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面。

ワカメ(29歳/松岡茉優)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩み、タラオ(23歳/成田凌)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々を送っている。

また、波平(74歳/伊武雅刀)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方がわからず歯がゆい思いを抱え、フネ(70代/市毛良枝)はそんな夫・波平と磯野家の人々の姿をあたたかな愛情で見守っている。

さらに、マスオ(48歳/西島秀俊)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を。サザエとマスオの娘であるヒトデ(17歳/桜田ひより)は年頃の恥ずかしさでサザエと距離をとってしまい、もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうとサザエ(44歳/天海)は奮起する。

そんな『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』で、八嶋が20年後のノリスケを演じることに。ノリスケは、波平の甥で、サザエ、カツオ、ワカメとはいとこ同士。出版社に勤務し、磯野家の隣人で小説家の伊佐坂難物の編集担当を長年務めているノリスケは、明るく、細かいことを気にせず、いつものんきに構えている楽天家であると同時に、底抜けのちゃっかり者。

アニメが放送を開始してから50周年、ノリスケのちゃっかりエピソードは枚挙にいとまがなく、磯野家は勝手知ったる他人の家で、特に磯野家の食卓に贅沢品が並ぶときは必ず磯野家に現れ、ちゃっかりご馳走に。

それから20年が経ち、ノリスケの勝手知ったる他人の家は、今はカツオがシェフをしている洋食店に代わり、そして編集部から人事部へとまさかの異動をしていた。しかし、伊佐坂難物の編集担当だけは続けており、その理由を「伊佐坂先生は僕じゃないと原稿を渡さない」とうそぶいているが……。

八嶋は、20年後のノリスケ役のオファーを聞かれた際の心境を、「歴史あるサザエさんの登場人物になることができるのかとワクワクしました。ノリスケさんのちょいとノリの良い感じには親近感があったので嬉しかったです」と歓喜したそう。

また、本作では役作りのため自身のトレードマークである眼鏡は封印しているらしく、「ただ眼鏡をかけてないので、どうか僕を見逃さないでください」と呼びかけ、「時が経ち、それぞれの人生を歩むサザエさん一家が、もう一度、家族の絆を想う今回の物語。ノリスケさんは少し外野から、そんな皆を見つめる。それは視聴者の皆さんと同じ目線です。どうかノリ良く見守って、見終わったら自分の家族のことを改めて見つめてくださいね」とメッセージを送っている。

八嶋にノリスケ役のオファーをした渡辺恒也(企画・プロデュース)は、その理由を「ノリスケさんのちゃっかり者感が普段の八嶋さんのキャラとかぶるところが非常にあって(笑)、ノリの良さの中にちょっぴりシリアスをのぞかせる、八嶋さんならではのノリスケさん像に期待しました」とコメント。

八嶋が日本一有名なちゃっかり者の20年後をどう演じるのか、やりたいことをやっていたのが、いつの間にかやらなきゃいけないことばかりを考えるようになった磯野家で、サザエが再びあの頃の太陽のように温かな磯野家を取り戻すためことができるのか、本作に期待が高まる。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ