茨城県、10月1日から都市間高速バスの増便を実証実験 水戸・茨城空港~つくば間で

Traicy

2019/10/7 06:04

茨城県茨城県は、都市間高速バスの増便の実証実験を10月1日から開始した。

実験の対象ルートは、水戸~つくば間と、茨城空港~つくば間。水戸~つくば間は平日のみの4便から、平日16便、土日祝日8便に増便する。茨城空港~つくば間は4便から6便に増便する。

片道運賃は、いずれの路線も現金利用時1,050円、交通系ICカード利用時1,020円。水戸~つくば間に限り、通勤・通学定期券を発売する。

また、バス車内に無料Wi-Fiや電源コンセントの設置するほか、翻訳アプリの導入や多言語による車内アナウンス、路線バスとの乗り継ぎ割引などで利便性向上を目指している。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ